« 2020年6月 | トップページ | 2021年6月 »

2020年12月

■ 日本とアメリカの滝

スタンフォードに滞在していた頃の思い出を保存するために半年ごとに更新している本ブログですが、今年はコロナの影響でアメリカ情報も海外情報も書くネタがありません。
最近はほとんどテレワークで、週1、2回会社に行く程度。出張もほとんどなくなって、テレビ会議になっています。春先の時は夏頃には収まるかなと思っていましたが長引いてしまいましたね。

一応、ちょっとしたお出かけで、少しコロナが落ち着いてきたかなという感じだった夏休みの後半に袋田温泉に行ってきました。袋田温泉の近くにある袋田の滝は日本三大瀑布の一つとされています。
ちなみに、日本三大瀑布は
・華厳の滝 (栃木県日光市)
・那智の滝 (和歌山県那智勝浦町)
・袋田の滝 (茨城県大子町)
とされていて、世界三大瀑布は、
・イグアスの滝(アルゼンチン・ブラジル)
・ビクトリアの滝(ザンビア・ジンバブエ)
・ナイアガラの滝(カナダ・アメリカ)
となっています。

ということで、日本とアメリカで見た立派な滝を比べてみたいと思います。
まずは写真1枚目、茨城県の大子町にある袋田の滝。水量こそそんなに多くないものの、4段になっていて高さがあり、幅も広くて迫力があります。割と近いところに展望台があるので、上から見たり下から見たり、いろいろな姿を楽しめます。カスケードタイプの滝としては、日本で一番迫力があるのではないでしょうか。
続いて、4年ほど前に行った群馬県沼田市にある吹割の滝。比較的近くにある水上温泉に行った時に寄りました。
こちらは上からのぞき込むように見るタイプの滝です。割れ目に向けて川が流れ込むような形になっていて、東洋のナイアガラとも呼ばれているらしい。若干見にくい感じはありますが、水量も多く、のぞき込んだ時の迫力はなかなかでした。
Fallsjp1Fallsjp2

ここからは、どれが1位ということはありませんが、アメリカで見た迫力のある滝ベスト6。
まずは言わずと知れたナイアガラの滝。さすが世界一の滝だけあって、水量も幅もすごいです。霧の乙女号に乗って間近から見ることもできたのですが、この時は私のミスでカナダ側に渡れずに、カナダの方からは見ていないんですよね。
続いては、ヨセミテ国立公園のブライダルベール滝とヨセミテ滝。これはどちらも落差がすごいですよね。ブライダルベール滝では滝壺に近いところでしぶきを浴びたのが気持ちよかったです。滝としては2段になっているヨセミテ滝の方が大きいのだと思いますが、近くで見られたのでブライダルベール滝の方が思い出深いです。
NiagarafallsYosemite1Yosemite3

迫力では、イエローストーン国立公園のYellowstone CanyonにあるUpper/Lower Fallsも負けていません。こちらの写真は遠景ですが、Upper Fallsは横からですけど、割と近くからも見られます。
形の美しさでは、カリフォルニアで一番美しい滝とも言われるマッカーサー・バーニーフォールズもいい感じです。白髭のような2本の滝と、背後に染み出る白糸の滝。マウントシャスタ方面に行った時に寄りました。
この時に行った、マウントシャスタ近くのDunsmiurにあるモスブレーの滝も思い出深いです。幅広い崖からたくさんの白糸のような滝が染み出していて、草や苔などの緑色の背景と白い滝の流れの組み合わせが幻想的でした。当時は線路を歩いて滝の近くまでアクセスできて、歩きにくいところを進んでようやく辿り着いた景色に心癒されました。
UpperlowerfallsBurneyfallsMossbraefalls2

ということで、袋田の滝をきっかけに日米の滝を比較してみました。
日本の滝ももっと見てみたいですね。華厳の滝は小学校の頃に行った記憶がありますが、那智の滝にも行ってみたいです。白糸の滝も、長野県軽井沢町の方は行った気がしますが、静岡県富士宮市にもあるようです。
コロナが収まって早く海外にも行きたいです。ニーマンマーカスが倒産したり、なじみのあるアパレル店や飲食店がピンチだったりと聞いてさみしい限り。なんとか今は耐えて、頑張っていってほしいですね。
(Mura)


| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2021年6月 »