« 2016年12月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年6月

■ デンバー

海外出張、最近はちょいちょい行かせてもらっていますが、2月末アメリカでは初の地、デンバーに行ってきました。
西海岸より1時間早い時差。標高1600m以上のところにありマイルハイシティと呼ばれています。中西部はイエローストーンまでは来たことがありましたがデンバーは初めてです。
空港はいかにも中西部らしい草原のど真ん中という感じのところ。一応ユナイテッドのハブ空港の一つらしく、成田から直行便があります。入国のところに自動で登録するマシンがありましたが、顔写真と指紋登録をするだけなので結局は人のチェックが必要です。多少はスピードアップになっているのかな。
到着初日は多少時間があったので、ダウンタウンに行ってみることにしました。

ダウンタウンはコンパクトなので、歩いて見て回れる感じです。
最初に見たのはコロラドコンベンションセンターの巨大な青い熊。デンバーはこういうパブリックアートにも力をいれているらしく、他にもいくつかありました。そこからちょっと南に下って州庁舎を外から見るだけ。アメリカの官庁街によくあるパターンで、まわりが公園になっていて美術館などもいろいろあるようです。

そこから北に16th Street Mallという繁華街を歩いて戻っていきました。ショッピング街になっていて道幅も広く散歩するのにいい感じです。無料のバスも走っていて、疲れたら乗って帰ることもできます。シンボルになっている時計塔や、Larimer Squareというちょっとおしゃれな感じの旧市街などを見つつ、街の入口Union Stationへ。駅庁舎の中のカフェがいい雰囲気でした。
目立った特徴はないですけど、いわゆるアメリカの落ち着いた中規模都市という感じですね。

Denver17_01 Denver17_02 Denver17_03 Denver17_04 Denver17_05 Denver17_06

ホテルはダウンタウンから離れたところだったのですが、Light Railが通じているのでそんなに不便ではなかったです。まあ今はUberも便利に使えますしね。デンバーでもすぐ来てもらえる状態でした。
食事や買い物にPark Meadowsというショッピングモールを使いました。ノードストロームとかメイシーズとかがある、結構規模の大きなモールでした。
例によってPanda Expressのクンパオチキンなども食べましたが、前にスタンフォードに出張した時に行ったThe Meltもフードコートに入っていました。ただ今回食べたClassic Cheeseのコンボ($10.31)はパンにチーズが挟まってるだけなので若干物足りない感じ。チーズはとろけておいしいですけど。
仕事でご一緒した方々と行った、同じモールにあるPerry's Steakhouseのステーキは肉も柔らかく味付けもしっかりしておいしかったです。BRIOというイタリアンのパスタはちょっとアメリカっぽくてイマイチ。
イタリアンでは別の場所ですが、Maggiano's Little Italyというお店がちゃんとしたイタリアンでおいしかったです。ベイエリアでもSantara Rowにお店があるみたいですね。
他には、デンバー国際空港のセキュリティチェック後のエリア、ユナイテッドのターミナルにあるAviator's Sports BarのDEN Burgerは焼き具合、肉汁の滴り具合もよく、かなりおいしかったです。チェダーとスプライトを足して$19.28でした。

デンバー国際空港はちょっとお土産のお店が少な目です。コロラド発のお菓子屋さんというEnstromのAlmond toffeeを買いましたが、カリッとしたキャラメルトフィーにアーモンドが入ってチョコでコーティングされ、おいしかったです。小さな粒が15個入って$10くらいだったと思います。後はPark Meadowsのアバクロで自分用に服を買いました。スエットパンツは半額で$34でした。ただアバクロは日本でもオフィシャルストアの通販で買えてセール品も出たりするので、もはやアメリカで買う意味はあまりないのですよね…。しかも身売りの噂もあるので、今後どうなるやらという感じです。

ということでデンバーは、観光で行くとするとスキーかロッキー方面への入口として使うところなのではないかと思いますが、典型的なアメリカっぽい街の雰囲気がしました。高地で空気が薄いとかは全然感じませんでした。滞在中、積もらない程度に雪が降ったので、冬のレンタカーの場合はちょっと注意が必要かもしれません。

Denver17_07 Denver17_08 Denver17_09 Denver17_10 Denver17_11 Denver17_12

●ロンドン

アメリカではないですけどイギリス、ロンドンに出張があり、わりと見て回る時間もあったので、行ったポイントをまとめておこうと思います。

最初の日はウェストミンスター寺院(ビッグベン)の方面に行き、観覧車のロンドンアイを遠くに見ました。そこから首相官邸のあるダウニング街10番地に行こうと思ったら、(当然と言えば当然ですが)前までは行けず。セントジェームズパークを通ってバッキンガム宮殿の方に行きました。
そこからグリーンパークを渡り、リッツホテルの方へ。嫁さんの依頼で、日本で人気が急上昇しているというJ&M Davidsonでお買い物。その後、ショッピング街のボンドストリート、セヴィルロウ、リージェントストリートなどを通ってピカデリーサーカスへ。
後は紅茶で有名なフォートナムメイソンと、その近くにあったキャスキッドソンなどへ行きました。セヴィルロウは背広の語源とも言われるだけあって、仕立て屋さんがたくさんありました。

ロンドンナショナルギャラリーもピカデリーサーカスの近くです。名画だらけなのに、なんと入館料無料。オススメのルートとしては、エントランスの階段を上って右へ行き、ゴッホのひまわり(Room 43)、スーラ(Room 41)、奥へ行き、フェルメール(Room16)、その後左側のウィングへ行って、ラファエロ(Room60)、ダビンチ岩窟の聖母(Room66)という感じです。

London16_01 London16_02 London16_03 London16_04 London16_05

帰国日も帰りの飛行機まで街をぶらぶらしてみました。
朝早くにロンドン塔の方面に行き、朝焼けに映えるタワーブリッジを渡ります。テムズ川沿いを北に向かって市庁舎などを見ながら散歩。ミレニアムブリッジを渡りセントポール大聖堂まで歩きました。大聖堂は入館料が高かったので入らず。
お土産を頼まれていたので、地下鉄で移動して開店時間くらいにハロッズに行きました。広い店舗に高級ブランドが並んでいますが、ハロッズバッグなどお土産コーナーもあります。同じフロアに免税手続きデスクもあるので忘れずに。
ハロッズは中東系の会社が買収したので、お客さんも結構中東系の人が多く来ています。前ドバイに行った時に買ったバティールのデーツがおいしかったので、もしやハロッズにもあるのでは、と思ったらやっぱりありました。100g 4.25ポンドでドバイより少し高いですが、両親も好きなのでお土産に買って行きました。

次に向かうのは大英博物館。こちらもなんと入館料無料です。
展示品はいろいろなものがあるのですが、個人的にはナショナルギャラリーの絵の方がじっくり見るのにいいかなと思いました。ルートとしては、2Fを先に見て、世界最古のチェス盤から、猫のミイラなど。1F左側のロゼッタストーン、アッシリアの守護神像、ラムセス2世、ギリシャの彫刻、1F奥に行きモアイ。それから奥2Fの日本エリアも見てきました。
最後は、ハリーポッターのホグワーツ急行出発駅として有名なキングスクロス駅、9 3/4番線を見に行きました。カートが壁に半分埋まっているところで写真を撮るのにすごい行列が。その隣にはハリポタショップもありました。
ロンドン観光は地下鉄で回りましたが、Oyster Cardというスイカみたいなのがあり、1日の上限額があるので何度も乗り降りする場合は便利です。1日乗車券もあるようです。

食べ物はフィッシュアンドチップスもいただきましたが、カフェが結構多いですね。EATというお店のクロワッサンがおいしかったです。一時日本にも上陸していたPret a mangerで名物のザリガニサンドイッチをいただきました。ロブスターみたいな味でおいしかったです。他にはCaffe Neroというイタリア系カフェなどがありました。

ちなみにヒースローはセキュリティチェック前にほとんどお土産屋さんがないので、預けるスーツケースに入れたいお土産は町中で買っておく方がいいですね。内側にはそこそこお店がありますが、出発ゲートBまで行ってしまうとあまりお店やカフェがないので時間調整の際は注意した方がいいと思います。後、今回免税手続きをしましたが、時期のせいかそれほど混んではいませんでした。チェックイン前(ランドサイド)はZone Aの端のところにあります。

ということで、ロンドンはさすが大英帝国の首都という感じで、街並みも重厚感たっぷり、見どころもたっぷりでした。

London16_06 London16_07 London16_08 London16_09 London16_10 London16_11 London16_12

●再びForm 1042-S

今年もアメリカのUnion BankからForm 1042-Sが届きました。アメリカに非居住の外国人が、利子等で源泉徴収された場合の税金を証明するものです。日本での確定申告等に使えます。特にアクションは必要ないので、項目2 Gross Income:昨年の収入、項目4b Tax rate:税率、項目7 Federal tax withheld:徴収された税金、をチェックしてしまっておきました。

(Mura)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年12月 »