« 2008年12月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年6月

■ 帰国して半年

 さてブログが消されてしまわないように半年振りの更新です。

 あっという間に帰国して半年以上が経過してしまいました。完全に日本になじんでしまって、帰国直後は何を食べてもおいしい、まずいと思ってた社食もおいしい、なんて思っていましたが、やっぱり社食はまずかったということに気付きました。
 英語は気付かないうちに少し上達していたみたいです。日本に戻ってTOEICを受けてみたら点数が上がっていました。特にヒアリング。毎日学生さんたちと話していたのが自然と効果あったようです。

 スタンフォードとの縁はまだ切れてないかな、という感じ。同じG先生の研究室に会社の後輩のT君が4月からお世話になっています。出発前にはいろいろ生活のノウハウを教えてあげたつもりです。50 States Quarter Programで唯一集められなかったHawaiiのコインを持って帰ってもらう予定(笑)。

 滞在時に仲良くさせていただいた皆さんとも日本で再会できました。Visiting Scholar仲間のIさん、Hさん、Cさんと飲み会したり、相模原のTさんや茨城のHさんのおうちにお邪魔したり。嫁さんも、ベイエリア在住のママ友達の方々が一時帰国された時にお食事会などをしたようです。
 子供達が同じ幼稚園に通って、一緒に旅行に行ったりして仲良くさせていただいたKさんとTさん。Kさんがゴールデンウィークの時期にビザ更新で一時帰国されたので、すでに帰国されているKさんとご一緒に我が家に来ていただきました。あちこち出かけた写真とかを見ながら思い出話などをして、スタンフォードに戻ったような楽しいひと時でした。
 やはり良いお友達に出会えたことがアメリカ滞在の最高の成果でした。

 このブログはまだまだチェックしています。検索フレーズを見て、ああこういう情報を探している人がいるんだな、とか思ってニヤニヤしてみたり。最後にまとめて旅行の話を書いたのでトップページだけ見ると旅行ブログみたいになっちゃっていますが、日常生活の細かいこともいろいろ書いたので、アルバムをめくるように古い記事をみて懐かしんだりしています。

 アバクロはいよいよ12月に銀座に店舗ができるようです。今のうちにと思ってせっせと着ています。やはり知っている人は知っていて、嫁さんは「これアバクロですよね。どこで買ったんですか?」なんて聞かれたりしたらしい。

 さて、アメリカでのんびり過ごしすぎたお陰で日本ではいろいろ苦労していますが、楽しかった思い出を糧にまた頑張ろうと思います。現在のスタンフォードの状況をT君に聞きながら、このブログも消されないようにメンテしていきたいと思っています。
(Mura)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年12月 »