« 2008年11月 | トップページ | 2009年6月 »

2008年12月

■ 更新終了

 帰国してから一ヶ月以上も更新してきましたが、いよいよネタも尽きました。2008年の終了とともに、このBlogの更新も終了としたいと思います。

 本当に充実した楽しい一年間でした。またBlogとして記録したことで、その記憶をより鮮明にでき、積極的に情報収集もできたのでよかったと思っています。

 さて今後ですが、ココログフリーを使っているので1年に1度は更新しないと消されてしまうらしい…。今のところ出張の予定もなく新しい情報が入ることもなさそうなので、インデックスページを作ったりという形でメンテナンスをしていきたいと思います。あるいは、その後の日本での感想なんかを追加するかもしれません。

 皆様これまでお読みいただき、またコメントいただきありがとうございました。もしまたベイエリア・シリコンバレーに住む機会ができましたらBlogを再開したいと思います。その時にはきっとStep by Stepではなく、もっとStep upした形で…。
 それではまたお会いする日まで。ごきげんよう。
(Mura)


| | コメント (4) | トラックバック (0)

■ Mt. Shasta / Crater Lake

 最後の長距離旅行は10月、お友達のKさんご家族と週末2泊でCrater Lakeに向かいました。途中でTさんご家族とも合流して楽しい旅行になったのですが、お天気に泣かされました。

 ルートとしては、まずLassen火山国立公園(入場$10)へ。最も知られていない国立公園ではないかという気もしますが、見所は小さな湖とBumpass Hellという箱根の大涌谷のようなところ。天気が悪くてどちらも霧の中でした。しかもBumpass Hellに向かうトレイルは崖っぷちだし狭くて急だし、小さな子供連れだとかなり危険。片道1時間くらいかかってしまいました。ヘロヘロになりながら次のポイントへ。

 Lassen国立公園から北に1時間ちょっとでMcArthur Burney Falls州立公園に到着します。入場$6。こちらの滝はカリフォルニアで一番美しいと言われているとか。滝のそばまですぐに下りられてお手軽です。二本の大きな滝と岩から染み出したような小さな滝がたくさん。幅も広くて確かにきれいです。
 途中小ぶりにはなったものの雨が止んでくれなかったのでこの日はこれで終了。Mt. ShastaのBest Westernに泊まりました。こちらはモーテルなのに大きなロッジのようなしっかりした作り。どこかのホテルを買収したのかな?朝ごはんもマフィンとシリアルだけでなく、フレンチトーストや玉子料理もあってうれしかったです。

 翌日、雨はないものの曇り空。Crater Lakeに向かう前にMt. ShastaそばのLake SiskiyouとMcCloud Fallsを見て行きました。まあこれはそれなりという感じ。天気が良ければもっと気持ちよかったんでしょうけれどね。パワースポットといわれるMt. Shastaも雲の中でした。そういえばCrystal Geyserの水はMt. Shastaから取っているらしいです。

 そこから北へ3時間弱かけてCrater Lake国立公園(入場$10)に向かいましたが、山頂についたら今度はなんと雪!Kさんちの車はスリップするし湖は見えないし、仕方なく今夜のお宿Prospect Hotelへ帰りました。麓まで下りると雪はないんですよね。Prospectは観光だけでやっているような本当に小さな村。時間があったのでそこにあるMill Creek Fallという滝も見に行きましたが結構立派でした。

 当初の予定では最終日はさらっと帰る予定だったのですが、悔しいのでCrater Lakeに再トライ。Rim Driveは雪で閉鎖されていましたが、湖はなんとか見ることができました。インクを垂らしたような青ではありませんが、雪景色のCrater Lakeもなかなかオツです。
 さてこの日はPalo Altoまで帰らねばなりません。でもせっかく晴れてくれたので、帰りにMt. Shastaのちょっと南、DunsmuirにあるMossbrae Fallsに寄って行くことにしました。Shasta Retreatと書かれた門をくぐった先にある踏切のそばに車を止め、川を右手に線路を上流方向に進みます。ここは映画「スタンドバイミー」のモデルになった場所なのだとか。大人の足で20~30分、子供連れだと40~50分。線路はとても歩きにくく、枕木をスキップするように歩いていきます。本当に着くのか不安になりながら行くと目印の鉄橋を発見!小さな獣道を下ると美しいMossbraeの滝が姿を現しました。
 白糸のような滝が草とコケに覆われた岩壁から幅いっぱいに流れ出していて壮観。まさに癒されるという感じで疲れが吹き飛びました。線路をはるばる歩いてくる価値があります。個人的にはMcArthur Burney Fallsよりこちらの滝の方が好きです。ちなみに線路は今も使われていて時々列車が来るようです。私たちの時は工事用車両が来ただけでしたが。せっかく線路があるのだから観光列車を通せばいいのに…なんていうのは野暮な考えなんでしょうね。
 ついでにそばのHedge Creek Fallも見ましたが、こちらは裏から見られるもののこじんまりした滝でした。

 ということで、はるばる片道8時間くらいの距離を走ったMt. ShastaとCrater Lakeへの旅。もっと天気が良ければさぞ気持ちよかっただろうなとは思いましたが、いろんな景色を楽しむことができました。将来チャンスがあれば夏を狙ってリベンジしたいね、なんて話をしたりしています。
(Mura)
Bumpasshell Burneyfalls Mtshastabw Mccloudfalls Mtshasta Prospecthotel Millcreekfall Craterlake Mossbraefalls1 Mossbraefalls2 Mossbraefalls3 Hedgecreekfall


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Washington DC

 New York観光の後にやってきました、アメリカの首都Washington DC。New Yorkの混雑ぶりに比べると、のんびりした穏やかな街です。

 到着した日は雨だったので、博物館巡りの日としました。まずはスミソニアン航空宇宙博物館へ。ジャンボジェットやロケット等、実物サイズのものがたくさん並んでいて圧巻。アポロ月着陸船の「本物」も置いてありました。実際に月に着陸した船の使われなかったバックアップだそうです。いつも思うのですけれど、下の部分、アルミホイルが巻きつけてあるように見えて、宇宙を飛んでいる間に破れたりしないのかなあと不思議になります。
 もう一つ、自然史博物館にも行ってみました。こちらは恐竜の骨とか動物の剥製とか。映画の「ナイトミュージアム」みたいな雰囲気の場所です。小学生くらいの子供が一番喜びそう。
 他にも美術館等があるのですが、とても回りきれませんでした。これらスミソニアン協会による博物館は入場無料です。これだけ充実した内容のものが無料とは本当に感心します。

 翌日はうまく晴れてくれて、ワシントンモニュメントを中心とするナショナルモール周辺を回ってみました。タワーの東側に国会議事堂、西側にリンカーン記念堂、北側にホワイトハウス、南側にジェファーソン記念堂があります。
 国会議事堂だけは前日、雨が上がった時に撮影。風格ある建物です。
 モニュメントのタワーに登れると聞いて朝チケットを取りに行ったら、夕方入場のチケットになってしまったので、まずは西のリンカーン記念堂へ。Martin Luther King Jr.の"I have a dream"の演説が行われた場所として有名です。フォレストガンプにも出てきましたね。中にはリンカーンの坐像。
 そこから南へポトマック川を渡り、アーリントン墓地に行きました。元々は南北戦争従軍兵の墓地であり、現在も主に軍人と政府関係者が眠っています。こちらではケネディ兄弟のお墓を見学しました。
 ナショナルモールに戻り、ホワイトハウスへ。さすがに警備が厳重で遠くから眺めるだけ。来年からはここにオバマさんがやってきます。
 南側のジェファーソン記念堂は日本から贈られた桜がある対岸から眺めました。
 最後に中央部、オベリスク型のタワーからワシントン全体を展望。窓が小さいのでそれほどよくは見えませんが、遠くまで見渡せました。

 それぞれの建物は地図で見ると近いように見えて、実際歩くとかなり距離があります。無料であちこちみられるのもいいところです。
 Washington DCは黒人系の比率が高いと聞きますが、実際西海岸でヒスパニック系の人たちがしているような仕事を黒人の方々が担当していました。また、西海岸に比べると中国、韓国、日本含めてアジア系の人の割合が圧倒的に低いですね。カリフォルニアの特殊性が東海岸に来てよくわかった気がします。
 New Yorkと合わせて東海岸の雰囲気をいろいろ感じられる旅行になりました。
(Mura)
Smithonian1 Smithonian2 Capitol Washingtonmonument Lincoln1 Lincoln2 Lincoln3 Arlington1 Arlington2 Whitehouse Jefferson


| | コメント (2) | トラックバック (0)

■ New York

 一口にアメリカと言っても、西海岸と東海岸ではかなり雰囲気が違います。アメリカ滞在中に一度は東海岸も見ておきたいということで、New YorkとWashington DCを8月末に旅行しました。

 西海岸を夜に出る飛行機に乗るとNew Yorkに翌日の午前中に着けて便利です。ホテルがセントラルパーク南端のあたりだったので、荷物を置いてさっそく近くの5番街 5th Ave.を散策しました。Tiffany本店を通り過ぎつつ、反対側を見るとものすごい行列!アバクロ本店(旗艦店?)に開店前の行列が出来ていたのでした。これは大バーゲンに違いないと並んで入ったのですが、セール品は一切なし。ただ品揃えは完璧で、アバクロの全商品を揃えている感じでした。お客さんはみんなNew York店を見てみたいということで来ていたのでしょうけれど、アバクロ人気のすごさを感じました。

 続いては自由の女神へ。フェリーと内部見学付きのチケットをネットで取っておいたのですが、それでもものすごい混雑でかなり待たされました。マンハッタンに戻り、今話題の(この時はまだ金融危機前の)Wall St.を歩き、グラウンドゼロを見てこの日は終了。Columbus CircleのTime Warnerビルの中にBouchonの支店があり、そこで軽い夕食を食べました。

 2日目はセントラルパークを歩いてメトロポリタンミュージアムに向かいます。こちらのコレクションの素晴らしさは本当に圧倒的。広い館内に有名作品ばかりが並んでいます。写真はゴッホの「糸杉」。特に印象派のコレクションに感動しました。
 続いてエンパイヤステートビルに上ります。こちらもネットでチケットを買っておくと少し行列をスキップできます。景色を見た後、BroadwayをTimes Squareまで移動。5番街が銀座なら、こちらは渋谷という感じ。行き交う人と車がすごくて歩いているだけで疲れました。最後にロックフェラーセンター、セントパトリック聖堂を過ぎて5番街まで戻って終了。ミッドタウンをたっぷり楽しんだ一日でした。

 3日目は早朝から飛行機でナイアガラ一日観光へ。しかしここで大失敗。ナイアガラにカナダ側があることをすっかり忘れていてDS-2019の書類を持っていなかったのでした。結局カナダには渡らず。まあ滝壺を巡る霧の乙女号はアメリカ側からも乗れますし、滝も近くから見られて迫力があるのですが、カナダ滝を正面から見られなかったのが残念。ただ、ヨセミテとかイエローストーンとか、他の大自然を観光した後だとナイアガラも期待したほどの迫力ではないかなという気もします。
 JFKに戻るときに飛行機から見えたマンハッタンの夜景がとてもきれいでした。
 New York最終日はPennsylvania駅からAcela ExpressにてWashington DCへ向かいました。Acelaは乗り心地も良くて速くて最高なんですが、料金は飛行機より高いです。

 まさにアメリカの中枢であるNew York。人ごみはすごいしタクシーの運転は乱暴だし。とにかく濃縮された大都市という印象です。しかも、自由の女神にしてもエンパイヤステートビルにしても、セキュリティチェックに時間がかかるので見て回るのもなかなか大変です。賑やかで面白い街ではありますが、住むならやっぱり西海岸の方がいいかなあと思いました。
(Mura)
Nytiffany Nyabercro Nyliberty Wallst1 Wallst2 Groundzero Nycentralpark Metropolitanmu1 Metropolitanmu2 Empirestate1 Empirestate2 Timessquare Niagarafalls Manhattan Acela


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Yellowstone / Grand Teton

 イエローストーン国立公園は間欠泉と豊かな大自然で有名な世界最初の国立公園。グランドティトン国立公園はイエローストーンの南側にあるティトン山を中心とする国立公園。どちらもWyoming州です。うちは当初予定に入っていなかったのですが、お友達のIさんに強烈にオススメされて8月に4泊5日で行ってきました。結果としては、とても印象に残る良いところで、Iさんの言葉を借りると「マストの国立公園」です。

 SFOを朝6時に発つDelta航空の飛行機でソルトレイクシティで乗り換え、12時過ぎにジャクソンホール空港に着きます。ソルトレイクシティからレンタカーで行く人もいるようですが5時間くらいかかるようです。
 ジャクソンホール空港はすでにGrand Teton国立公園内なのですが、まずはYellowstoneのOld Faithful Geyserに向かいます。レンタカーの借り出しやバイソンの横断等にひっかかって時間を使い4時くらいから間欠泉とその周りの温泉のトレイルを見て回りました。
 Geyserは一定の時間間隔で噴出すので"Faithful"と呼ばれているそうですが、10階立て分くらい吹き上がってすごい迫力です。きれいな色をしたMoning Glory他、温泉のプールも不思議な光景です。もしこれが日本にあったら、確実に周りには温泉宿が立ち並ぶところですけれどね…。
 さらに周辺のUpper & Midway Geyserを見て1日目は園外のWest YellowstoneのBest Westernに宿泊しました。

 2日目はGibon Fall、Norrisの温泉を見て北部のMammothエリアへ。ここは流れ出した温泉によって作られた石灰岩の白いテラスが見ものです。これまた幻想的な風景。この日は時間に余裕があったので少し東のTower Rooseveltの渓谷とTower Fallsも見て一旦戻り、北公園出口そばのGardinerにあるTravelodgeに泊まりました。

 3日目は東側のYellowstone Canyonを南へ下って行きます。Upper/Lower Fallsを見た後Heyden Valleyを抜け、Yellowstone LakeとWest Thumbの温泉を見学。さらに初日に見逃したOld Faithfulの近くにあるLower Geyserを見て、この日だけは園内のGrant Villageに宿泊。基本的に園内の予約は取りにくいですが、ここだけはうまくキャンセルを見つけて入れました。本当はOld Faithful Innとか、雰囲気が素晴らしくて泊まってみたいところなんですけれどね。
 またこの辺りは野生動物が次々に現れるところで、鹿やバイソンが道路を横断していました。最初は面白がって見るのですけれど、途中から「バイソンはもういいや…」というような感じになります。遠目ですが狼や熊も見かけました。
 そう言えばYellowstoneでは大型キャンピングカー(いわゆるアメリカで言うRV)とハーレーとかに乗ったバイカーをたくさん見ました。バイカーの方々は大概グループで、他のグループとすれ違う時に左手をチッチキチーの形にして低い所から横に出すサインをやります。ヨロシク!みたいな挨拶なんでしょうけれど、面白いですね。

 4日目はYellowstoneを出てGrand Tetonへ向かいます。Colter Bay、Oxbow Bend、Jenny Lake、Antelope Flat、Snake Riverと呼ばれるビューポイントを一通りチェック。こちらは遠くに見えるGrand Tetonの山々をどのような所から見るか、というような感じですね。キャンプとか、のんびり過ごすのに向いているところかもしれません。
 開拓時代の小さな教会、Transfiguration礼拝堂は十字架の後ろがGrand Tetonを見通す大きな窓になっていて、小さいながら厳かな神秘的な雰囲気の場所でした。
 この日はJacksonに宿泊。こちらは冬はスキー場になるみたい。お土産屋さんがいろいろありました。最終日は朝ゆっくり出発してジャクソンホールからサンフランシスコに帰りました。

 4泊5日あれば、YellowstoneとGrand Tetonを一通り見て回れるかなという感じです。間欠泉や温泉の不思議な景色から、東側の壮大な渓谷、さらにあちこちに現れる野性動物と、アメリカの国立公園の魅力を凝縮したような場所と言えるかもしれません。全て園内に泊まれればベストなんでしょうけれど、近隣の町もそれぞれ雰囲気があり、モーテルに泊まるのも悪くなかったです。さすがは国立公園第一号。アメリカ滞在中の旅行の中で一番思い出深い場所だったかな、という気がします。
(Mura)
Oldfaithfulgeyser Morningglory Mammoth Towerroosevelt Upperlowerfalls Heydenvalley Bison Deer Grandteton1 Grandteton2 Transfiguration


| | コメント (2) | トラックバック (0)

■ Alaska Cruise

 日本に住んでいた時にはクルーズ旅行なんて夢にも思いませんでしたが、お友達のHさんに行ってすごくよかったとオススメされてプレジャートラベルという代理店も教えていただき、結局うちも6月にアラスカ・クルーズに行くことになりました。
 アメリカではそれなりにメジャーな旅行の手段でもあり、食事や移動手段も込みであることを考えると値段もそんなに高いわけではありません。日本からだと飛行機代がかかってしまうので、アメリカに居るうちに行ってしまえという考えもありました。

 シアトル発8泊のコースもあったのですが、うちは乗船の手軽さを考えてサンフランシスコ発10泊の旅です。Fishermans WharfのPier 35から出航。私たちが乗ったのはDawn Princessという船でした。乗客2000人、クルー800人。まさに動くホテルという感じで、船内では連日ショーや映画、イベントが行われます。カジノもあり。レストランはバフェ、イタリアン、フレンチがありアルコール以外は無料。うちはほぼ毎日フルコース食べていました。その後、海を見ながらジムのランニングマシーンを使ったり…、贅沢な話です。
 正装をするフォーマルデーがあって、カメラマンに写真を撮ってもらったり、絵画のオークションに参加したり。そういうオプションで稼いでいるみたいです。

 停泊地はVictoria、Kechikan、Sitka、Juneau、Tracy Arm周辺を回ってサンフランシスコに帰るという旅程です。どの町も小さく、夏の間たくさんやってくるクルーズ船を相手に観光で商売をしているみたい。各所で町並みやトーテムポールの博物館、白頭ワシの保護センター等を見学。さらにVictoriaでホエール(シャチ)ウォッチングとJuneauでメンデンホール氷河のオプションツアーを付けました。Tracy Armでは氷河が海に注ぐところまでいくはずだったのですが、氷河が海に流れ込みすぎていて近づけませんでした。それでもきれいな景色は十分満喫できましたし、アラスカの大自然を感じることができました。

 贅沢な旅行には違いないでしょうが、手が届かないほどではありません。洋上で天気の悪い日に少し揺れることはありましたが、全般的には揺れもほとんど感じませんでした。日本人はうち以外お年寄りのご夫婦一組だけ。移動が楽なので、比較的お年寄りや体の不自由な方の参加が多いようです。
 新しい旅の楽しみ方を知る貴重な経験でした。Dawn Princessは夏の間アラスカに行き、秋・冬はメキシコ方面のクルーズになるようです。
(Mura)
Dawnprincess1 Dawnprincess2 Dawnprincess3 Dawnprincess4 Alaska1 Alaska2 Alaska3 Alaska4 Alaska5


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ San Diego

 San DiegoにはSea World目当てでLAから車で来ました。

 Sea Worldはさすが、規模と迫力が違います。Shamuと呼ばれるシャチのショーを中心にイルカやアシカのショーがあり、さらにトドとかカメとかサメとか、様々な海洋生物を間近に見られます。
 動物がとにかく大きいです。Shamuのショーは演出も素晴らしく、昼のショーと夜のショー両方見てしまいました。Dine with Shamuというシャチのプールの隣でバフェ形式のご飯を食べるプログラムもあり、入場時にゲート近くで予約できます。大きなシャチを間近に見られるのでこれも楽しいです。園内見所たっぷりで、朝9時から夜9時までいましたけど見切れない感じでした。かなりたくさん歩くことになりますが、老若男女が楽しめる所だと思います。

 さてSea Worldからちょっと行った所に有名なお寿司屋さんSushi Otaがあります。聞いた話ではイチローがSan Diegoで試合がある時には必ず寄るというお店なのだそうです。おまかせ寿司($27)を頼んでみました。さすがネタが立派。特にウニが素晴らしい。ウニ2貫($7.5)と、とろサーモン2貫($4.5)も追加でいってしまいました。ネタの良さを考えると結構お値打ちかもしれません。

 San DiegoのDowntownとOld Townにも行ってみました。中心街のDowntownは割とコンパクトにまとまっていて5th Ave.沿いにレストランがいろいろあります。Old Townは開拓時代の街並みを再現したところ。スペイン風の教会があり、のどかな雰囲気です。

 San Diegoは他にも動物園が有名ですが、Sea Worldと一緒に回るとかなりくたびれるだろうなと思います。ちょっと北に行ったところにあるレゴランドも楽しいみたいです。港のあたりもきれいで、軍艦の見学なんかもよさそう。いろいろアミューズメントのある街だなと思います。
(Mura)
Seaworld1 Seaworld2 Seaworld3 Seaworld4 Sushiota1 Sushiota2 Sdoldtown1 Sdoldtown2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Los Angeles

 LAには、ディズニーランドに3泊4日、San Diegoとまとめて3泊4日、出張でダウンタウンに1回、の計3回行きました。

 ディズニーランドは1月。Hさんの車に乗っけてもらって片道約6時間の旅でした。パークホッパーという2つのパークを行き来できるチケットで2日間たっぷり遊びましたが、やはり子供が大喜び。こちらオリジナルのものとしてはファインディング・ニモのライドなんかがありますが、わりと東京ディズニーランドに似ている気もします。真ん中のお城、眠れる森の美女の城はシンデレラ城より小ぶりですけれど。夜のショーFantasmic!が感動的でよかったです。宿泊はゲートそばのRamada。

 2回目は街歩きをターゲットにハリウッド近くのBest Westernに一泊しました。飛行機でLAに入り、レンタカーでまずはSanta Monica方面へ。オーガニックで有名、ブラピも御用達というUrth Cafeに行ってみました。サンドイッチが結構素朴な味わいなんですが、おいしかったです。Santa Monicaのビーチを歩き、メインストリートでショッピングを楽しみました。
 翌日はHollywoodとBeverly Hillsです。Hollywoodの街から見るとハリウッドサインはすごくちっちゃい!チャイニーズシアターやコダックシアター、スターの名前を書いたタイルなんかも、まあそれなりという感じ。Beverly Hillsのロデオドライブはさすが高級感溢れていました。日本語を使うあやしげなおっさんが街案内をしていましたけれど…。

 ダウンタウンには出張の時に来ました。さすが中心部で高いビルが立ち並んでいます。空いた時間にWalt Disney Concert Hallなんかをぶらりと見ました。さらにレセプションがDodger Stadiumだったので野球観戦もできてちょっとラッキー。美術館なんかも見られるともっとよかったのですけれどね。

 LAは全米2番目の大都市ですが、いろんな街の集合体なんだなということがなんとなく分かりました。いろんな側面があって奥が深いです。でもその割に鉄道が未発達で空港にも電車が来ていません。まあそんなところもアメリカらしいですが。
 Famima!!があったり空港でも日本人をたくさん見かけたり、日本に一番近い街でもあるようです。
(Mura)
Disneyla1 Disneyla2 Disneyla3 Urthcafe1 Urthcafe2 Santamonica Hollywood1 Hollywood2 Hollywood3 Beverlyhills Downtown1 Downtown2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Las Vegas

 今回から旅行の話を8回分、書いてみたいと思います。最初は今年の1月、出張ついでに行ったLas Vegasです。

 私は来たことがあったのですが、嫁さんと子供は初めて。とりあえずはStrip沿いの巨大ホテル群を見て回りました。Luxorのピラミッド、New York New Yorkのフェイクな町並み。M&M'sとコカコーラのショールームにも寄りましたが、M&M'sは無料の割りにちょっとした映画も見られて面白かったです。
 Bellagioを通り過ぎて、Parisのミニエッフェル塔を見たり、Venetianのゴンドラを眺めたり。Caesars Palaceの隣にあるフォーラムショップスで買い物したりしました。ホテルのサイズがデカいのでかなりの距離を歩くことになりますが、大人だけならまあなんとかなるものの、ストローラーで通りを渡るのが大変で結構苦労しました。

 無料のショーとしては有名なBellagioの噴水がダントツで印象的だと思いますが、やはり昼間より夜の方がきれいですかね。TIの海賊ショーも結構華やかではあります。さらにバスに乗ってFremont St.まで行き、アーケード全体がスクリーンになっているFremont the experienceも観賞。夜でしたがバスも観光客がたくさん乗っていて比較的安全そうでした。

 ホテルはImperial Palaceだったのですが、場所はいいものの部屋は普通。別の出張時にCeasars Palaceに泊まる機会があったのですが、やはり値段分の違いはあります。バフェはParisがいいと聞いて行きましたが、フランスの家庭料理風のものがいろいろあってよかったです。バフェも別の時に少し値段の高いBellagio、Wynnを試してみましたが、ちょっといい料理が加わる程度かなと思いましたので、家族向けにはParisくらいがちょうどよさそうです。
 ホテルでやっているショーもこの時は子供がいるのでパス。これまた一人で出張に来た時にシルク・ド・ソレイユのOを見ました。嫁さんには申し訳ない…。

 ついでにセスナで行くシーニック航空のGrand Canyon日帰りツアーにも参加しました。早朝出発の夕方帰りでホテルにバス送迎付き。この日は前日に大雪が降ったとかで、Grand Canyonも雪景色です。飛行機からの眺めも壮大でした。写真がモヤってるのは霧が出ていたからではなく、娘がデジカメのレンズをいじってたのに気づかず撮影したからです…。

 この頃はまだアメリカ西海岸の魅力に目覚めていなくて、ロスとベガスくらいで旅行は終わりかな、なんて思っていた時期でした。最終的には結構あちこち行ったのですが、旅行もアメリカを知るという意味ではとてもいい機会だと思います。
(Mura)
Lasvegas1 Lasvegas2 Lasvegas3 Lasvegas4 Grandcanyon1 Grandcanyon2 Grandcanyon3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Four Seasons / Westin

 帰国直前はアパートを引き払い、3日ほどホテルに泊まりました。
 最初の1日はEast Palo AltoのFour Seasonsへ。さすが設備、室内もきれいで高級感があります。眼下にUS 101が眺められたのですが、朝は案外San Francisco方面よりSan Jose方面の方が混んでいたりするんですね。

 朝食付きのプランにして1FのレストランQuattroへ。調子に乗ってカットフルーツやらヨーグルトやら、Nuttela Banana Crepe、Crab Eggs Benedict、Quattro Eggs Benedictなどがっつりいってみました。どれもおいしいのですが、Crab Eggs Benedictはパンのかわりにカニの身のケーキコロッケが使われていて贅沢です。
 …で、後でチェックアウトする時にわかったのですが、朝食付きプランは上限一人$35までだったのです。Crab Eggs Benedictは$18しますし、さりげなく注いでもらったオレンジジュースも$6とかだったので、余裕でオーバーしてしまいました。まあ、リッチな朝ごはんがいただけたのでよかったのですが、ちょっと高かったかな…。

 最後の2泊はPalo Alto駅そばのWestinへ。来た時はSheraton、帰る時はWestin。一年経って、また同じ所に(隣ですけど)帰ってきた感じです。
 Westinも部屋はきれいでした。特に洗面所のデザインが印象的。Heavenly Bedというテンピュールみたいなウレタン系のしっとりした感じのベッドを採用しているようですが、これもなかなかよかったです。
 朝食のついてないプランだと思ったのですが、チェックインの時に朝食チケットをくれました。コンチネンタルではなく、バフェ+オムレツやワッフルのオーダーメイドあり。Sheratonよりちょっとだけ高いですけれど、こちらの方が満足度が高いかなと思いました。

 どちらのホテルもビジネス客が中心なのか、平日より休日の方が値段が安いようです。Palo Altoを離れる前にホテルでのんびり過ごして、いい思い出になりました。
[Four Seasons MAP]
[Westin MAP]
(Mura)
Fourseasons1 Fourseasons2 Fourseasons3 Fourseasons4 Fourseasons5 Fourseasons6 Fourseasons7 Fourseasons8 Westin1 Westin2 Westin3 Westin4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ TaiPan 聚寶 / Siam Royal / Pasta?

 Stanford周辺の情報もいよいよラストスパート。University Ave.のレストラン3件の思い出をまとめて書いておきます。

 最初は中華料理のTaiPan。Kさんご家族とお出かけした時に夜9時過ぎだったのですけれど、ちょっと遅いディナーに入りました。
 頼んだメニューは牛肉とアスパラガスの炒め物($15)、チキン野菜炒め($12)、Chiken Chow Mein($13)、そして最近決まって頼む福建炒飯($14)。味付けは比較的薄味で上品な感じ。お店の内装もちょっと高級感がある感じでした。どれもおいしかったですが、アスパラと福建炒飯がオススメでしょうか。チップ15%が自動加算で、お茶代$1/人が追加で入ります。KさんによるとStanfordの方々も時々会食に使うそうです。
[Taipan MAP]

 続いてSiam Royalはうちの会社のVisiting Scholar仲間とお別れランチ。私はいわゆるPad Thai系タイ風焼きそばのDrunken Noodle($7.50)にしました。ミニサラダ付きです。幅広麺に、お肉は選べるのですがビーフにしました。少しだけピリッとした味付け。タイ料理は比較的はずれが少ないですけれど、こちらのお店もおいしかったです。値段もこの場所にしてはリーズナブルですね。
[Siam Royal MAP]

 最後はイタリアンのお店Pasta?。こちらもKさん奥様娘さんとご一緒に。頼んだメニューはCaesar Salad($7.45)、Fettcine Salmone($11.95)、Taglierini pesto($11.45)と、最近パスタ店でよく頼むラビオリ、Ravioli della casa($11.95)です。
 ラビオリはいわゆる一般的な中身が挽肉のものでしたが、Cafe Pro Bonoほどではないもののおいしかったです。この中で一番好みは緑のタリオリーニ。バジルペーストの味がなかなかよかったです。Pasta?はチェーン店風かなと思いましたが、パスタの味はしっかりしていました。
[Pasta? MAP]

 University Ave.のレストランもいろいろ行きましたが、やはりレベルが高いお店が多いですよね。値段もそれなりですけれど。また出張等で来る機会があったらいろんなお店を再訪してみたいなと思っています。
(Mura)
Taipan1 Taipan2 Taipan3 Taipan4 Siam1 Siam2 Siam3 Siam4 Pasta1 Pasta2 Pasta3 Pasta4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ The Counter

 California Ave.のハンバーガー屋さん。地元の人に人気のお店らしい。帰国の間際に行ってみました。

 こちらはパンや挟む具を選んで自分好みのバーガーを作れるのが特徴みたいですが、イマイチ自信がなかったので始めから組み合わせの決まっているCounter Burger($10.50)を頼んでみました。分厚いパティにチーズ、トマト、レタス、マッシュルーム等。そして特徴的なのがオニオンフライがたっぷり乗っているところです。とても挟んで食べられるサイズじゃないのでナイフで切って食べましたが、この組み合わせはかなりおいしいです。オニオンフライの塩加減がいい感じ。
 あまり確認しないでオーダーしてしまったので、サイドもFries & Onion String half/half($4.95)でオニオンたっぷりになってしまいました。これもおいしいのですが、オニオンの食べ過ぎで、油でちょっと胃もたれ気味になりました。
 Side Salad($3.50)もサイズがちょっと小さめですが、ドレッシングの味もよくおいしかったです。ちなみにSodaは$2.50でした。

 食後に向かいにあるCulture Organic Frozen Yogurtでフローズンヨーグルトをいただきました。4oz $2.99 + Topping $0.99。お店もおしゃれな感じ。ヨーグルトはミルクの味はしっかりするものの比較的さっぱり目。ハンバーガーの後のデザートなんかにはちょうどいいかなと思います。

 アメリカ滞在の最後にカリフォルニアっぽいランチをいただけてよかったです。
[MAP]
(Mura)
Counter1 Counter2 Counter3 Counter4 Culture1 Culture2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 地元のおもちゃ屋さん

 アメリカのおもちゃ屋さんもいろいろ特徴のあるものを置いていたりして、見ていると楽しいです。ToysRusもいいですが、地元のお店の方がラインナップにこだわりが感じられます。

 一番良く行ったのはUniversity Ave.をちょっと入ったところにあるPalo Alto Sport Shop and Toy World。結構品揃えも豊富です。フィギュア、パズルからぬいぐるみまで。奥の2Fがスポーツショップになっています。
 University Ave.のさらにちょっと奥にあるのがThe Play Store。こちらは木のおもちゃにこだわっているお店で、積み木とか車とかキッチンセットとかいろいろ取り揃えています。センスがいい感じのお店です。
[PA Sport Shop MAP]
[Play Store MAP]

 Menlo ParkのSanta Cruz Ave.にも子供用品を扱うお店がいろいろあります。ちょっと大きいおもちゃ屋さんはCheeky Monkey Toys。お店が広々しているので楽しく見て回れます。品揃え、種類も豊富でいい感じです。
 おもちゃ屋さんではなくて、洋品店というかセレクトショップのようなお店がLe Cirque。こちらもおしゃれな感じのお店。キリンとかゾウとか、大きなサイズのぬいぐるみがかわいいです。洋服や絵本も扱っています。
[Cheeky MAP]
[Le Cirque MAP]

 休日にふらっとおもちゃ屋さんに寄ってみたりすると、思わずいいもの見つけたりして楽しくなります。
(Mura)
Playstore Cheekymonkey Lecirque1 Lecirque2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Nordstrom Marketplace Cafe

 Stanford SCのNordstromの2Fにあるカフェ。わりとカジュアルな感じで、店内で食べる場合にはまずレジで会計してその後席に着くスタイルです。前回NM Cafeを書いたので、Stanford SCつながりということでご紹介。

 Tomato Alfredo Penne($9.50)とCalifornia Panini($8.95)を注文しました。わりとファミレスっぽい感じのお店ですが、こちらのペンネ悪くないです。茹で具合もちょうどいい感じ。ボリュームも多すぎず少なすぎず。ソースもおいしかったです。パニーニもこんがり焼かれていました。アボカド、チキンの味もおいしいです。お昼にちょうどいい感じ。

 手軽に入って食べられるのでNordstromで買い物している時に重宝しそう。混んでる時もありますが、回転は速そうです。
[MAP]
(Mura)
Nordstromcafe1 Nordstromcafe2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ NM Cafe / Tea Time

 我が家とKさんち、Tさんちは子供が同じプレスクールに通っていたママ友達でした。子供をプレに送り出した後、Stanford SCで買い物したりUniversity Ave.でお茶したりという優雅な時間を楽しんでいたようです。ということで、今回は嫁さんだけが行ったお店2つをご紹介。

 NM CafeはNeiman Marcusの3Fにあるちょっと高級感のあるカフェ。嫁さんのオーダーはSoufle Slad($14)です。フルーツにサラダ。奥にあるのがスフレ?実際にはババロアだったようです。パンとスープ付き。このパンもまたおいしかったらしい。お店が静かな感じなので、落ち着いて話をするのによさそうです。
[NM MAP]

 続いてTea TimeはUniversity Ave.をちょっと入ったところにあるアフタヌーンティーのお店。Oriental Beauty($19)という三段プレートとお茶のセットが人気みたい。一番上にプチケーキ、2段目に春巻、3段目はShirimp Slad, Salmon w/ Caviar , Ham w/ Mayoのサンドイッチです。サーモンとキャビアのサンドイッチなんて贅沢な感じ。ティーポットはCozyに入って登場。こちらもゆったりとした午後にはちょうどよさそうな所ですね。
[Tea Time MAP]

 忙しい合間のちょっとした贅沢。私も行ってみたかった…。
(Mura)
Nmcafe1 Nmcafe2 Nmcafe3 Teatime1 Teatime2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Korean Secret Garden

 Santa Claraにある韓国焼肉料理の店。Iさんオススメのお店で、この時はSさんKさんご家族とディナーに来ました。

 換気ダクトの付いてるテーブルと付いてないところとあって、人数が多かったので付いてない奥のテーブルでした。なのでお肉も自分で焼くのでなく、焼いて持ってきてもらう形です。
 さて韓国料理屋さんといえばたくさんの小鉢ですが、ここもTofu House同様、たくさん出てきます。種類はTofu Houseより多いかも。
 チヂミは小鉢に付いてると思わずに別途頼んじゃったのですが、これが結構パリッと焼かれてニラとエビの味もよくおいしかったです。焼肉は骨付きカルビとプルコギ。味付けは悪くなかったですが、やはり日本のカルビと比べてしまうとちょっと上品さに欠けますかね。骨もでっかいのでちょっと食べにくいです。
 白いご飯が付いてくることもわからず、先に石焼ビピンパも頼んでしまっていました。こちらもまあそれなり。ナムルが薄味でシンプルなビピンパでした。

 おいしかったのですが、小鉢の見積もりを間違えて注文しすぎ、少々高くなってしまいました。もちろん余った分はお持ち帰りにしましたけれど。韓国料理屋さんはメインの焼肉だけ頼んで、後は小鉢を楽しみつつ安めに抑えるのがポイントですね。韓国料理屋の使い方を学習した夜でした。
[MAP]
(Mura)
Secretgarden1 Secretgarden2 Secretgarden3 Secretgarden4 Secretgarden5 Secretgarden6 Secretgarden7


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Cafe Pro Bono

 California Ave.をちょっと曲がったBirch St.にあるイタリアンのお店。そう言えばPalo Alto周辺はエルカミに平行な道路がStreet、直交する道路がAvenueになっていることが多いですね。ただアメリカの道路って、Main St.とか1st St.とか同じ名前の所がたくさんあるし、California St.とCalifornia Ave.は別の道だし、つながっていない同じ名前の道路があったりするしで結構ややこしいです。

 この時は、おいしいという噂を聞いてKさん家族を連れてきたのにお客が誰もいなくてちょっとビビりつつ入りました。
 まずはシーザーサラダ($10.95)x2から。チーズたっぷりのドレッシングでいい味です。続いてパスタはFettuccine Porcini($12.95)、Cappellini($10.95)、Penne Portabello($11.95)、Susan Downfall Ravioli($13.95)をオーダーしました。
 この中で特にヒットはポルチーニのフィットチーネ。キノコの出汁がたっぷり出てうまい。そして甘く煮たタマネギ。太くてソースがよくからむフィットチーネにポルチーニの組み合わせはまさに定番ですね。そしてチーズの海に隠れていますが、ラビオリも過去食べた中で一番好きかな、という感じのラビオリ。ラビオリの中身もチーズで、ゴルゴンゾーラの香りがとても濃厚。クリーミーなパスタが好きな人には絶対オススメです。他のカッペリーニ、ペンネも十分おいしかったです。

 ということで、空いてたけど噂通りにおいしいお店でした。個人的には今までサイドメニューっぽい扱いだったラビオリを見直すきっかけになりました。ラビオリのうまい店はパスタのレベルが高い、という「Cafe Pro Bonoの法則」を提唱したいと思います。
[MAP]
(Mura)
Probono1 Probono2 Probono3 Probono4 Probono5 Probono6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 気になるスポットあれこれ

 記事にしようと思って書けなかったちょっと半端なスポットをまとめておこうと思います。

 まずはSan Franciscoの街から。シンボルとも言えるCable CarとTransamerica Pyramid。Transamerica Pyramidって形が本当にきれいですよね。機会があれば登ってみたい。でも上の方の階って結構狭そうです。
 Levi's SquareにはLevi'sの歴史を展示するスペースがありました。もともとジーンズはゴールドラッシュの時に鉱夫たちの作業着として生まれたんですよね。
[Levi's MAP]

 SF MOMAも行きたかったのですが、時間がなくて外見だけ。近くにMoscone CenterやMetreonもあります。またこの辺りはきれいなホテルもたくさんありますね。展示会等を狙って出張で来てみたいところです。
[SF MOMA MAP]

 Saratogaの箱根ガーデンも近くに行った時に外から見るだけで通り過ぎてしまったところ。アメリカにあるものとしてはそれなりに立派な日本庭園らしいです。Saratogaのダウンタウンも落ち着いていていいところでした。

 最後にちょっと気になったポイント2つ。
 SunnyvaleのTargetにはShopping Cartが上り下りするためのエスカレーターがあります。他では見かけないですけれど、便利ではありますよね。
 エルカミ沿いPalo AltoにあるレストランのCibo。この壁に描かれている絵は多分Greg Brown氏のものだと思います。モチーフがスパイだし。ズッキーニをぶらさげているナンセンスさがまたいいです。

 ということで半端ネタを放出。よくあちこちぶらぶらしたものです。
(Mura)
Cablecar Sfpyramid Levis1 Levis2 Levis3 Sfmoma Moscone Metreon Hakonegarden1 Hakonegarden2 Targetescallator Cibo1 Cibo2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Stanfordのその他のスポット

 Stanford大学内もあちこち回りましたが、まだ書いていなかったその他のスポットをまとめておきます。

 Hoover TowerのMain Quad側にはArt Galleryがあり、時々個展を開いていたりします。基本的に入場は無料みたい。
 一方、Hoover Towerを挟んだその反対側には国際関係論を研究するHoover Instituteがあり、そこにHoover Memorial Exhibit Pavilionという小さな展示スペースがあります。国際政治に関する文書やベルリンの壁の一部等が展示されていました。

 一番大きな図書館はGreen Library。学生が勉強していたり、静かで落ち着く場所です。向かいのMeyer Libraryには学会発表に使うポスターの出力サービスカウンターがあります。東洋文学に関連して日本の雑誌が置いてあるスペースもあります。
[Green Library MAP]

 陸上競技のトラック脇にあるTrack HouseにはStanfordロゴのついたスポーツグッズがたくさん置いてあります。ゴルフボールとかティーとか、ゴルフ好きの人に喜ばれるかも。

 最後にLake Lagunita。冬には水が溜まっているものの、夏には干上がってしまう湖。水がある時に写真を撮っておけばよかった。

 一年間、Stanford大学には本当にお世話になりました。どこを見ても、懐かしい思い出の場所です。
(Mura)
Artgarrely Hooverpavilion1 Hooverpavilion2 Hooverpavilion3 Greenlibrary1 Greenlibrary2 Meyerlibrary Track1 Track2 Lagnita


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Burger King / Carl's Jr. / Jack in the box

 アメリカと言えばファーストフード。Palo Alto周辺でよく見かけるBurger King、Carl's Jr.、Jack in the boxを食べ比べてみました。

 Burger Kingは日本に進出して一度撤退し、また再上陸しています。Palo Alto周辺だとMountain Viewのニジヤのところ。あとGirloyのアウトレットのそば、101の西側にもありました。
 写真右がWhopper Cheese。Med FriesとMed Sodaをつけて$5.59。左がBK Fish。同じくポテトとソーダ付きで$4.99。バーガーはお肉のジューシーさとかがマックよりいいかな、という感じがしました。野菜もシャキッとしています。一方でフィッシュのフライはマックのフィレオフィッシュの方がおいしいと思いました。こちらのはちょっと固く揚がりすぎでしょうか。

 続いてCarl's Jr.。Palo Altoに近い所ではエルカミ沿いのSan Antonio SCのちょっと先かRedwood Cityのトイザラスのそばにあります。
 こちらも普通のハンバーガー屋さん。Famous Star Cheese($1.91)にSmall Fry($1.79)とSmall Drink($1.59)をつけてみました。まあそれほど大きな特徴もなく、普通のハンバーガー。なんとなくテイストがマックのBig-n-Tastyに近い感じがしました。ポテトはナチュラルカットタイプです。

 最後はJack in the box。なぜかPalo Alto近辺のエルカミ沿いに3店舗もあります。近い所ではCalifornia Ave.のそば。
 Sirloin Cheese BurgerにSmall FryとSmall Drinkが付いて$6.39でした。ここのは結構ボリュームがある感じがします。レタスもたっぷり挟まっています。バンズもちょっと柔らかいホワイトブレッド風でした。

 味で言うと、Burger Kingも悪くないですが、前に行ったIn-n-outがいいかなあという感じがしました。客層的にはマックは子供連れの人が多い気がします。お店にプレイランドがあったりもしますしね。Jack in the boxはなぜか一番ヒスパニック系の方々が多かった気がしました。
 ジャンクフードではありますが、これはこれでアメリカらしい体験かなとも思います。
(Mura)
Burgerking Carlsjr Jackinthebox


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Mezza Luna

 Halfmoon Bayのイタリアン。I-280のVista Pointを巡った後、こちらでランチをいただきました。Halfmoon Bayの港のところにあります。

 私はMezzalune Al Salmone($13.50)。サーモンのラビオリにトマトとクリームのいわゆるピンクソースがかかったもの。茹で加減もソースの味もばっちり。Mezza Lunaはイタリア語のHalf Moonで、このラビオリも半月の形をしています。お店を代表する一皿、ということでしょうかね。

 このお店に来る途中、久々にカルボナーラが食べたいねなんて話していたんですが、残念ながらメニューにはありませんでした。でもウェイターさんに聞いたら、作れると思うよなんて言うので頼んでみましたSpaghetti Carbonara($14.50)。
 味付けは良く、これはこれでおいしかったのですが、ソースにクリームが使われていない…。微妙にカルボナーラではない感じです。やはりムリにお願いするのは考えものですね。
 とは言え、おいしくイタリアンをいただきました。

 帰りにHalfmoon Bayの海岸に寄っていきました。11月だからか波は高くなっています。延々と広がる砂浜の景色がきれいです。日本だとこういう所に来ると塩気でベタついたり海の独特の臭いがするものですけれど、そういうのがなくサラッとしているのがいいですね。
 今度来る時は港でカニを食べたいなと思いました。
[MAP]
(Mura)
Mezzaluna1 Mezzaluna2 Mezzaluna3 Halfmoon1 Halfmoon2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ I-280 Scenic Drive

 San Joseに行く時もSan Franciscoに行く時も便利なルートとしてよく使っていたI-280ですが、景色のきれいなFreewayとしても知られています。
 Palo AltoからSan Franciscoに向かったところにVista Pointがありますが、いつもは通過するだけだったので景色を見に行ってみました。

 Vista Pointは3つあるのですが、真ん中のポイントは封鎖されていたので残りは2つ。1つ目は高台からUpper Crystal Spring Reservoirを望むポイントでした。湖はちょっと遠目ですが、なかなかいい景色です。こんな所誰も来ないかと思いきや、普通に休憩している車が何台かいました。考えたら遠く南の方から来る車もいるわけで、当然といえば当然ですね。
 もう一つはもうちょっと湖に近づいたポイント。但しあまり高さがないところなのであまり景色は良くありませんでした。

 続いてCA92との分岐点を過ぎてちょっと行った所の橋の上から、右手にバーバパパの家みたいな不思議な形の家が見られます。今はオレンジ色ですが、毎年塗り替えられるという話です。

 もうちょっとSan Francisco方面に進むと今度はRest Areaがあり、I-280の別名ともなっているJunipero Serraの大きな像がFreewayを見下ろしています。Junipero Serraはカリフォルニアで伝道活動を行った神父。像の指先はSanta Cruz Mountainと太平洋を指しているらしい。ここからのLower Crystal Spring Reservoirの眺めもきれいです。

 次の出口で下りてLower Crystal Spring Reservoirのほとり、Sawyer Camp Trailに行ってみました。山を背景にした湖がさわやか。自転車に乗ったりジョギングをしたりする人がたくさんいました。さらに南に戻ってUpper Crystal Spring Reservoirを見つつドライブ終了。確かにこの辺りはジョギングにぴったりで、気持ちよく汗を流せそうです。

 普段は通り過ぎるだけの所でしたが、改めて来てみると景色をいろいろ楽しめることが分かりました。たまには寄り道するのもいいものです。
[MAP]
(Mura)
I_280_1 I_280_2 I_280_3 I_280_4 I_280_5 I_280_6 I_280_7


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ University Cafe / Epi

 University Ave.にはいろいろカフェがありますが、人気のお店を二つご紹介。

 University Cafeはカフェと言うよりカジュアルなレストランのような感じのお店。客席が通りに開けていて、いつも賑わっています。
 ランチにVegitarian Curry($10.00)を頼んでみました。いわゆる「カフェ飯」みたいなスタイルのカレー。ごろっとした野菜がたっぷり入って、上にはネギ(Leekかな?)の天ぷらのようなものが乗っています。写真では見えにくいですが、奥にもちゃんとルーがあります。香辛料が効いていてタイカレーみたいですが、もうちょっとどろっとした感じ。それほど辛くはなくマイルドな味付けです。ズッキーニやニンジン等、野菜の味もいいです。豆腐も入ってヘルシーな感じ。お店のスタイル同様、さわやかなメニューでした。

 もう一つのEpiはサンドイッチが人気のカフェ。Cafe Del Dogeはイタリア風カフェでしたが、こちらはフランス風みたい。
 Tritip Beef Sandwitch + Portobello Mashroom ($10.85 Mashroomなしは$8.85)を頼んでみました。見ての通りローストビーフがジューシーでおいしいです。そして肉厚のPortobelloがまたダシが染み出てくる感じでうまい。この組み合わせは本当最高です。そして付け合せのニンジンと紫キャベツの酢漬けも苦味がなくておいしい。どれも素朴なんだけどいい味だしてると思いました。ちなみにラテは$2.8。

 University CafeとEpi。どちらも女性に喜ばれそうなお店です。
[UniCafe MAP]
[Epi MAP]
(Mura)
Universitycafe1 Universitycafe2 Epi1 Epi2 Epi3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 気になるお店たち

 車で走っていると時々現れる大きなお店の塊。SafewayとかTargetとか、知ってるお店ばかりの時もあれば、知らないお店が中心になっていることもあったり。構成されるお店によってShopping Centerの個性が出ていたりして、新しい所を見つけるのが楽しかったりもします。

 Palo AltoだとTown & Country Villageが、カントリー風の建物で雰囲気を作りつつ、バラエティに富んだお店を揃えていてポイント高いです。
 Los AltosのFoothill Express way沿いにあるRancho Shopping Centerも似たような感じでカントリー風。Andronicosがあります。
 Redwood CityのSequoia Stationは駅に隣接していて、駅付近で買い物したい時の駐車にも便利。Safeway、Barnes & NobleやOld Navyがあります。ここのLongsはこの近辺では大きい方の店舗です。
 ニジヤ近くのGrant PlazaにあるNob Hillには日曜日もやってる郵便局が入っていて便利です。ちなみに切手代はアメリカ国内1oz未満は42c、日本へは94c。そう言えばこのモールに最近中華マーケットの99 Ranchが入ったようです。
[Town & Country MAP]
[Rancho MAP]
[Sequoia MAP]
[NobHill MAP]

 アメリカで結構好きだったお店の一つがMichaelsでした。日本で言うとユザワヤが近いですが、いろんなクラフト系の材料やペーパー類、ハロウィーンやクリスマスの飾りなんかを売っているお店。East Charleston Rd.のBest Buyのそばや、Cupertinoの99 Ranchの近くにあります。
 アメリカは自分でいろいろ作るのが好きな人が多いからかグッズの種類が豊富で、行くたびにクリエイティビティを刺激される感じ。ものをチェックしているだけで時間があっと言う間に過ぎていきます。ハロウィーンやクリスマスの近くに行くのがオススメです。
 パーティーグッズはDiddamsというところがたくさん扱っていますが、ちょっと安っぽい感じがするかな。
 Bed Bath and Beyondもちょっと印象に残っているお店。うちはインテリア類はほとんどIKEAで揃えてしまった感じでしたが、こちらはキッチン用品等も含めて品揃えが豊富なので生活立ち上げ時期に知っておくと便利そうです。
[Michaels MAP]
[Bed Bath MAP]

 広い駐車場と店舗。大量陳列される大量生産品。アメリカらしいライフスタイルのお店もいろいろ回ってみるとそれぞれ特徴があり面白いです。
(Mura)
Rancho Sequoia Nobhill Michaels Diddams Bedbath


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Santa Cruz Surfing Museum

 Santa Cruzのサーフィン博物館。小さな灯台を改造してサーフィンの歴史が展示されています。入場無料。

 サーフィンは元々ハワイやポリネシアで行われていたものだそうで、スポーツとしてのサーフィン文化は1930年頃にハワイからカリフォルニアにやってきています。アメリカ本土でのサーフィン発祥の地と言われている場所は2つあり、一つはロス近郊のHuntington Beach。もう一つがここSanta Cruzということのようです。

 博物館内には昔使われていたサーフィンの板や、サーフィン文化の歴史を説明したパネル等があります。灯台周囲の崖の下に小さな砂浜があり、そこがサーフポイントになっているようです。大きないい波が来る場所ではあるようですが、波にさらわれて亡くなっている方もいるようで、注意書きの看板なんかも立っています。
 Santa Cruzビーチの中心、ボードウォークの方に少し行くとサーファーの記念像もあり、サーフィン発祥の地をアピールしています。

 サーフィンをしない人にとっては何ということのない観光ポイントですが、岬からの海の眺めはとてもきれいです。少し離れた岩の上には野生のアシカも見られました。カリフォルニアらしい広い海と空を感じながら散歩するのにいい場所です。
[MAP]
(Mura)
Surfmuseum1 Surfmuseum2 Surfmuseum3 Surfmuseum4 Surfmuseum5 Surfmuseum6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ お土産の話

 日本へのお土産は、自分用としてはナパやサウスベイ周辺でワインを買ってきました。
 お友達に配って喜ばれるアイテムとしては、Stanford SCにあるWilliams-Sonomaでいいデザインの布巾なんかを買っておくとよいようです。Le Creusetの鍋敷なんかもいい感じ。Gilroyのアウトレットのお店でカラー限定で安売りしていることがありますが、Town and Country VillageのSur la tableでもほぼ同じ値段で手に入ります。日本だと3倍くらいの価格で売っているらしい。Le Creusetの鍋類は、やはりGilroyが色限定、日にち限定で安売りをすることが多いのでそこで買うのがよさそうですが、Williams-Sonomaの値段もそんなに悪くはないようです。他の人気アイテムとしては、Bath and Body Worksのハンドソープがあります。Gilroyのアウトレットにも時々現れますが、Hillsdaleのお店なら確実に手に入ります。お土産として定番のGhirardelliのチョコレートはVacavilleのアウトレットに行って箱買いしました。

 アメリカでよく買ったものはアバクロとジンボリーです。アバクロは特に日本人が好んで着ているみたい。子供をプレスクールに迎えに行った時、お友達のTさんと全く同じ服を着ていたことがありました。古着っぽいテイストがいい感じですよね。2009年には銀座に路面店が上陸するらしいです。まだ広まっていない今のうちに着てしまわないと…。ついでに姉妹ブランドのHollisterもちょこちょこ買いました。ただ日本で着ているとカジュアルすぎて微妙に浮いている気がしないでもないです。

 子供服のお店としてはCartersやGymboreeがありますが、Gymboreeのデザインがかわいらしくて人気があるみたいです。子供服はアメリカの方が圧倒的に安いですしね。店内にテレビがあって子供も喜んで行っていました。嫁さんもお友達との買い物を「アバクロ・ジンボリーの会」なんて呼んでいました。特定の日に買うともらえるGymbuckの割引もよく活用しましたね。

 他にはVera Bradleyのポーチなんかもお母さん世代の女性に受けがいいようです。Santana Rowに路面店があります。Stanford SCのCrabtree & EvelynやEdward Luggageでも取り扱いがあります。UGGのブーツも人気があるみたいですが、アメリカではネットかNordstromで買えます。San Franciscoにも路面店がありました。

 アメリカでの最も大きな楽しみの一つである買い物。渡す人のことを考えながらお土産を買いまわるのもなかなか面白いものです。
(Mura)
Williamssonoma Surlatable1 Surlatable2 Bathbodyworks Abercrombie1 Abercrombie2 Hollister Gymboree Verabradley Ugg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Enterprise

 Stanford周辺のレンタルカー会社としては、学内にあるこちらとCaltrain Palo Alto駅そばのWestin内にHertzがあります。

 旅行で車を借りる場合、Hertzは大概空港内のいい所にカウンターがある分、他社より高いイメージがありました。どの会社もいろいろ割引はあるのでしょうが、私は会社の関係でHertz No.1 Club Goldというのに入っていて、この割引を適用すると他社より安くなったので旅行の時にはHertzを使っていました。ただ、この学内のEnterpriseの場合はStanford関係者割引があり、上記割引適用後のHertzより安くなったので車売却後の帰国直前までこちらで車を借りました。なお、Stanford関係者割引はネットでは適用できないので、直接窓口に行くか電話で予約する必要があります。

 帰国時、空港での乗り捨ても可能だったのですが、最後バタバタしないようにと空港まではSuper Shuttleにしました。従って日曜日の営業時間外に車を返却する必要があったのですが、こちらのEnterpriseでは指定の場所に車を停めてDrop Boxにキーを入れるだけで時間外返却ができます。
 ただ、カーナビのレンタルはこちらのお店ではしていません。あとコンパクトで予約していて、まだ到着していないんだけどこれでいいか?と言われて出てきた車がDodgeのSUV。車高の高いトラックみたいな超ドデカSUVでした。パワフルではあったのですが、駐車場での取り回しが面倒だったので次の日にコンパクト(Nissan Versa)にチェンジしてもらいました。

 パーキングストラクチャの一角にあるので、知ってないと分からないお店。Guest Houseに泊まってこちらまでバスで来て、ここで車を借りていく人が多いようです。学内にレンタカー会社があるというのも便利でいいですね。
[MAP]
(Mura)
Enterprise


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 引越しとMoving Sale

 アメリカから引き揚げる際の退去手続き関係は、来た時の生活立ち上げの苦労に比べると割と楽かなという気がします。1ヶ月前から対応する必要があるのはアパートと幼稚園へのNoticeくらい。電気やCATVのComcastは電話したら1~2週間前でOKと言われました。ちなみにComcastはSTBを自分でお店に返しに行く必要がありますが、Mountain ViewはCloseしてしまったのでSunnyvaleまで行く必要があります。
 他の手続きと言えば、郵便の転送と銀行口座の住所変更、日本総領事館への帰国届けくらいでしょうか。帰国届けは、在留届けをネットで出した人はネットで、窓口で出した人は窓口またはFAXで、ということらしい。うちは来た時窓口まで行ったのでFAXで送りました。

 引越し荷物は航空便が帰国後4日で届きました。ただ船便は年を越すかもと言われてしまいましたが…。何を航空便にして何を船便にするかの判断が勝負の分かれ目です。うちはコート類を船便にしてしまって、寒い中薄手のコートで頑張っています…。
 パッキングには余裕を持つ方がいいですね。うちは業者に任せる部分が多くなってしまって、Kさんに譲るはずのTVリモコンが紛失…。船便にまぎれているのではないかと思うのですが、ご迷惑をおかけしてしまいました。

 引越しと言えばMoving Saleですが、うちは車やベッド、テーブルセット等の大物をちょうど生活立ち上げ中のお友達が引き取って下さったので手間がかからず助かりました。その他のものについては、SJAのメーリングリストに告知を出したのですが、一日も経たずに買い手が見つかってびっくり。特に炊飯器や自転車はメールを出して10分後には返事がくるというスピードでした。値段を抑え目にしたのがよかったのかもしれませんけれど。お皿とかナイフ・フォークとか、あまり買い手が付かないかなと思ったものも案外必要としてくれる方がいらっしゃったりするので、とりあえず出してみるのがよさそうです。一般のクラシファイド(個人売買)については、世界のご近所さんを探せ!を使う方が多いようです。
 そう言えば、日本の方が経営していた中古屋さんのKurashidoは閉店してしまったらしい…。

 車を引き渡す場合には、ごく新しい車でない限りSmog Checkが必要です。Smog Checkは整備工場やガソリンスタンドでやっていますが、私はPalo Alto Weeklyに載っていた$39のクーポンを使って、わりと近くにあるMenlo-Atherton Shellのガススタに頼んでみました。Certificateの発行代がかかってトータル$48程度だったと思います。
 あとは、DMVから送られてきているPink Slip/Certificateに買い手と売り手がサインしてDMVに提出すればOK。もちろん買う人は登録時に税金を払いますが。本来はPink Slipを売り手が、Certificateを買い手が提出するようですが、買い手が信頼できる人の場合、まとめて提出してもらってもDMV的には大丈夫みたいです。

 まだ敷金の返却とか最終月の電気代支払いとか完全決着していないのですけれど、おおむねスムーズに帰ってきました。終盤はお土産買ったり、行きそびれた所を回ったりと忙しいので、できれば余裕を持って進めたいところです。
(Mura)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 日本で感じること

 日本に帰って2週間ちょっと。やはり意識が変わっているので、いろいろ違和感を感じたりすることがあります。

 とにかく道が狭い。そしてその道路際にそそり立つようにして家が建っています。バイクレーンがないから自転車が車道を走ったり歩道を走ったり。車でも歩いていても、かなりヒヤヒヤします。
 車と言えば、やたら赤信号右折をしたくなります。右折はいつでも行ってよし、という意識が染み付いてしまったみたい。アメリカに居た時、家の近所に下の図のような形の道路があったのですが、一見早そうな1のルートより、2の右折2回のルートの方が早いことが多かったです。結局のところは1の方が信号が多いからなのですが、特にAの信号が赤の時は赤信号右折のおかげで2のルートの方が断然早くなっていました。

 日本で電車に乗って改めて感じるのは、本当にいろんな人が使う「公共」交通機関なんだな、ということ。当たり前のことですが、若い人からお年寄りまでいろんな世代の人が乗っています。逆にDoor To Doorで通勤するアメリカでは、不特定多数の人を見かける機会が少ないということでもありますね。

 あと、日本では接客業をしているのは若い女性が多い、ということ。レジ係、ウェイトレス、窓口など。カリフォルニアではヒスパニックの男性、女性が受け持っているパートです。東海岸にもちょっと行きましたが、そちらでは黒人の人たちが担当していました。日本の労働構造が改めて分かったという気がします。

 期待しすぎてちょっとがっかりしたのは蕎麦。成田でさっそく食べたらイマイチでした。まあアメリカのものよりはいいのですが、おいしい蕎麦はちゃんとお店を選ばないとダメですね。渡米直後恋しかったウォシュレットも改めて使ってみるとそれほど感動的でもなかったです。1年でウォシュレットなしでもOKな尻になっていたらしい。

 でも何気ないものが安くておいしかったりするのも事実。おいしいイタリアンのランチが、サラダ、パスタ、エスプレッソ付いて980円だった時、Palo Altoならチップ入れないで$20は下らないだろうなと思いました。食パンとか、和風ドレッシングとか、和菓子とか、どれを買ってもいい感じ。玉子かけご飯が食べられるのも幸せ。渡米前はうちの会社の社食はマズくて最悪と思っていたのに今は結構おいしく感じてしまっていて、何か不思議な感じです。

 スタバが少ない(ベイエリアが異様に多いだけですが)。そしてちょっと高い。これも人件費の差なんでしょうね。日本も物価高になったと聞きますが、ガソリンや電気、水道を除くその他のものはPalo Altoより安く感じますけれど。
 日本はサービスが良いと言われますが、これはまあそれなりかなという気も。むしろタクシーのドアが開いたり、CDやDVDのパッケージがヒモがついて開けやすかったりみたいな小さなカイゼンがうれしいです。日本は一度必要だと判定されたら、それが一気に広まるのが早いみたいですね。逆にそういう小さなメリットがほとんど無視されているアメリカ…。

 そう言えば、1年も経つと駅の構造とかもすっかり忘れてしまうものです。通勤時間にホームから改札に向かう混んだエスカレータに行列していた時のこと。何か後ろの人にものすごく押されている感じがしました。なんでかな、と思ったら、どうも私が並んだところは行列の最後じゃなくて、途中で割り込んだ形になってしまっていたようです。
 おそらくアメリカなら「そこ行列の最後じゃないよ」と明確に注意されるか、あるいは全く気にされないか、どちらかでしょう。言葉ではなく、さりげなく押されて「空気読め」的に注意される日本。ああそうだ、日本てこういう感じのところだった、と思った瞬間でした。

 まあ、ベイエリア、シリコンバレーは世界的にも本当に特別な場所なのだと思います。優雅で治安がよく、人々もフレンドリー。気候も自然も素晴らしい。ぶつかりそうになるのをかわしながら駅のコンコースを歩いたりしていると、日本の窮屈さにげんなりしそうになります。
 ただ、シリコンバレーに居て自分が特別なように感じるのは、場所の特別さに酔っているだけなのかな、という感じもします。久々の日本を新鮮に感じられるのを楽しみながら、カリフォルニアの優雅さを忘れないようにしたいと思っているこのごろです。
(Mura)
Usetsu


| | コメント (2) | トラックバック (0)

■ Bouchon

 ナパにお土産のワインを買いに行きました。ターゲットは例によってOpus OneとV Sattui。Opus Oneではお手ごろなOvertureを購入。前回$50だったのに$60に値上がりしていました。年によって違うのかな。V Sattuiも前は6本買ったらテイスティング無料だったのですが、そういうシステムはなくなっていました。

 さてちょっと遅いランチをBouchonにていただきました。全米最高のレストランとも言われるFrench Laundryの系列店。1時半くらいだったので日曜でしたが案外さらっと入れました。メニューを見るとEntreeは結構お値段するので、手軽なところで本日のオープンサンドTartini de Jour($17.95)とCroque Madame($16.95)を頼みました。
 Tartini de Jourは魚のすり身。ふわっとしていて、あっさりした味付けです。上のグレープフルーツがアクセントになっています。クロックマダムはパンにハムと玉子をはさんでベシャメルソースをかけたもの。パンがこんがりしておいしいです。ただ、付け合せのフレンチフライの塩がちょっと効きすぎでした。
 軽食だったので何とも言い切れませんけれど、値段を考えるとちょっとコストパフォーマンスが悪いかなという気がしないでもないです。
[Bouchon MAP]

 帰りにFさんにオススメいただいたDomain Carnerosにも寄ってみました。お城のような概観の素敵なワイナリー。上からの眺めも「雲の上で散歩」みたいな雰囲気でいい感じです。こちらはシャンパンが有名らしいです。
[Carneros MAP]

 さらに帰る途中、BerkeleyのCrate & Barrel Outletに寄りつつ、そのそばのアイスクリーム屋さんSketchに行ってみました。こちらはオーガニックにこだわったアイスクリーム屋さんらしい。4oz $3.50です。2つ頼んだうちの一つ、Vanilla Beansは普通のソフトクリームでしたが、バニラの香りたっぷり。もう一方のOriginal Yogurtは割と酸味のあるフローズンヨーグルトでした。
[Sketch MAP]

 ナパワインの買い収め。まずは買ったワインをいろいろ試して、違いが分かるようになってから、また帰って来たいものです。
(Mura)
Bouchon1 Bouchon2 Bouchon3 Carneros1 Carneros2 Carneros3 Sketch1 Sketch2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Cascal

 Mountain ViewのCastro St.にあるスペイン料理屋さん。知り合いの方がベイエリアに引越しされて来たので(ちょうど入れ替わりなんですけれど)、歓迎会のような感じでお食事会をしてきました。

 人気のお店らしくにぎやかです。スペイン料理屋ということで、やはり飲み物はSparkling Sangria($7.00)。Joyaのものほどフルーツたっぷりではありませんが、さっぱり飲みやすくおいしいです。
 まずはCaesar Salad($7.75)とTapas Sampler($23.00)。サンプラーはいろんなタパスが試せてうれしいです。エビ、生ハム、鰯、タコ、ナス等。何か一種類、すごくグズグズっとした食感のものがあって、それはちょっと私の好みではなかったのですが…。
 店員さんにオススメを聞いて頼んだのがBeef Adobo($12.00)。ビーフシチューのような柔らかい牛肉の煮込みでした。さすが人気あるだけあっておいしかったです。
 そしてスペイン料理で外せないのがパエリヤ。Cascal Paella(Small $22.00)をいただいてみました。エビ、ムール貝、魚等の海鮮がたっぷり。ご飯もダシが染みていていい味です。Smallでしたが、大人3人で十分なボリュームでした。

 スペイン料理のお店と言えばPalo AltoのUniversity Ave.にJoyaがありますが、こちらの方がちょっとカジュアルな感じかも。大人数でわいわい飲むのによさそうなお店だと思いました。
[MAP]
(Mura)
Cascal1 Cascal2 Cascal3 Cascal4 Cascal5 Cascal6 Cascal7


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年6月 »