« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

■ Sprinkles Cupcakes

 Stanford Shopping Centerにできたカップケーキ屋さん。Long Lifeの跡地。以前からカップケーキ屋ができるとは書いてあったのですが、オープン直後から行列が出来ていて開店セールでもやってるのかと思いきや、そうでもない様子。ネットの情報によるとビバリーヒルズ生まれであちらでも大人気とか。よろしい。ならば受けて立ちましょう!

 と言っても、先日Kara'sのカップケーキを食べているので、どうしてもそれとの比較という感じになります。平日の午後なのに行列で20分くらい待ちました。1個$3.25という値段はKara'sと同じです。
 写真奥左がVanilla Milk Chocolate、右がBlack & White、手前がBananaです。Vanillaを半分に切ったのが次の写真。なるほど確かに、こちらのカップケーキも生地がさっくりしながらしっとりしていておいしいです。生地からもほんのりバニラの香りがします。そして上のチョコクリームはこってりした甘さ。Black & Whiteはチョコのケーキにホワイトチョコのクリーム。こちらの方はさらにガツンとくる甘さです。苦いコーヒーが飲みたくなる味。そしてBananaは生地にバナナの風味がたっぷり。個人的にはこの味が一番好きでした。但しこちらもクリームはべっとり甘くて手加減なしです。

 Kara'sのクリームは、ややシュークリーム風味があった気がしたのですが、こちらはもっと砂糖の甘さが前面に出ている感じ。主張が強いので好き嫌いが分かれるかもしれませんね。値段が高いのはともかく、行列を待つのは正直微妙…。私はサンフランシスコ発ということも含めてKara'sをオススメしておきます。Sprinklesもルーツはサンフランシスコということのようですが。

 Frozen Yogurtに続いて西海岸ではカップケーキブームが来ているみたいですね。Kara'sの時に日本上陸したら人気が出そうと書きましたが、Sprinklesは東京にお店ができるようです。表参道かな銀座かな。果たして値段が高い&激甘のカップケーキは受け入れられるでしょうか。興味のあるところです。
[MAP]
(Mura)
Sprinkles1 Sprinkles2 Sprinkles3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Golden Gate Park

 Golden Gate Bridgeの南側に広がる大きな公園。ニューヨークのセントラルパークを模して作られたらしいです。
 見所はいろいろあるようですが、噴水のある中央広場の北側にあるDe Young美術館、その西隣にある日本庭園、南側にリニューアルオープンしたCalifornia Academy of Science、ちょっと離れた東側にある花の保存温室、というあたりがメジャーどころでしょうか。

 さて9/27はCalifornia Academy of Scienceが数年ぶりにリニューアルオープンする日ということで、$25程度の入場料がこの日は無料と聞き出かけてみました。開園の30分前くらいでいいかな、と思って9:00頃到着したら入場待ちの人が花の温室を抜けてその先まで長蛇の列!最後尾まで行くだけで15分くらいかかる状況です。
 開園して動きだしたと思ったら止まり、また動いては止まり…。前日出かけていた疲れもあって、結局途中でギブアップしてしまいました。無料&オープン日というのを甘く見すぎていました…。残念。多分ずっと待ったら入場まで4~5時間だったのではないでしょうか。広場周辺の人手もすごく多かったです。

 展示内容は水族館+剥製とか自然史系展示+プラネタリウム、という感じみたい。毎月第三水曜が無料日らしいです。通常の日なら周辺に路駐も可。広場の地下は有料駐車場になっています。
 まさにくたびれもうけでしたが、まあこんな日もありますね。
[MAP]
(Mura)
Ggpark1 Ggpark2 Ggpark3 Ggpark4 Ggpark5 Ggpark6 Ggpark7


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Sausalito

 サンフランシスコの対岸にあるおしゃれな街。レストラン、カフェ、お土産屋さんが並んでいます。芸術家がコミュニティを作った街ということでギャラリーもたくさんありました。午前中ミュアウッズを歩いて、お昼を食べに来ました。

 お昼はおいしいと評判のHamburgersでテイクアウト。店先でハンバーガーを焼いていて食欲をそそります。Hamburgerは$6.40、Cheese Burgerは$6.60、フレンチフライは$2.45です。写真はHamburger、お肉が分厚くジューシーで野菜もたっぷり。海を眺めながら公園のベンチでゆっくりいただきました。カモメがおこぼれをもらおうとジーッと見てましたけど。

 デザートは並びのLappert's Ice Cream。ワッフルコーンがおいしいとのことで、Manila Mangoを選択($4.45)。マンゴーのシャーベットとアイスが混ざって絶妙なお味。甘さとさっぱり感がちょうどよかったです。

 散歩したりのんびりするのにいい所ですね。港の所に20分$1の市営駐車場があります。Ferry BldgかFisherman's Wharfからも船が出ているようです。
[Hamburgers MAP]
[Lappert's MAP]
(Mura)
Sausalito1 Sausalito2 Sausalito3 Sausalito4 Sausalito5 Sausalito6 Sausalito7 Sausalito8


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ ミュアウッズ国定公園

 サンフランシスコからゴールデンゲートブリッジを渡り、サウサリートのちょっと北側。レッドウッドの巨木が茂る公園です。正式名はMuir Woods National Monumentなんですが、National Parkを「国立公園」、National Monumentを「国定公園」と訳すことが多いらしい。National MonumentはNational Parkより保護の対象が緩い(Huntingが許されている場合がある)とか予算が少ないとかの差があるようです。この公園は自然保護の父とも言われるジョン・ミュアにちなんで名づけられています。入場大人$5。

 カリフォルニアにある杉の巨木には2種類あって、ヨセミテ周辺の山岳部に生えているのがSequoia、サンフランシスコ周辺の太平洋岸に生えているのがRedwoodだそうです。そう言えばRedwood CityにはSequoiaと名前の付いた施設が結構ありますね。
 この公園もヨセミテのマリポサグローブのように巨木の森を見て回れます。メインのトレイルは舗装か木道になっているのでストローラもOK。山のトレイルに入らなければ坂道もなく1時間ちょっとで見て回れるので手軽に森林浴ができます。但し駐車場が混むので朝早めに来るのがポイントです。
[Muir Woods MAP]

 ミュアウッズのついでにきれいな海岸線を見晴らすMuir Beach Overlookにも寄ってみました。細い道を渡って岸壁の際まで行けます。Big Surとまではいかないかもしれませんがなかなか迫力のある景色です。
[Muir Beach Overlook MAP]

 サンフランシスコの近場でこれだけ自然を体験できるというのは貴重だと思います。
(Mura)
Muirwoods1 Muirwoods2 Muirwoods3 Muirwoods4 Muirwoods5 Muirbeachol1 Muirbeachol2 Muirbeachol3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 銀行とクレジットカードの話

 いまさらながら銀行とクレジットカードの話です。うちは渡米する前に日本のCiti Bankで日本円と米ドルの口座を作り、ついでにCitiの米ドルクレジットカードも作って来たのですが、結果からすると実はこれだけでも大丈夫という感じです。円建てのカードだと受け付けてくれない店があるらしいので、ドル建てのクレジットカードはある方がよいでしょう。
 こちらに来てからUnion Bank of California(UBOC)とWells Fargoの口座を作りました。それぞれに支払い用のChecking Accountと貯金用のSavings Accountがあります。UBOCは口座に一定額入れておかないと手数料を取られます。Wellsは月に$75以上の移動があればOKなので、二つの口座で自動的にお金が移動するよう設定してあります。こういう設定や口座振込みはどちらの銀行もインターネットで可能です。
 元々Wells Fargoは作るつもりがなかったのですが、アパートと契約する時トラベラーズチェックの宛名にうっかり自分の名前を書いてしまってアパートに受け取ってもらえず、仕方なく一番近いSharonのWells Fargoに駆け込んで口座を開いてMoney Orderを作ってもらったのでした。チェックの書き方、銀行によって違うかもしれませんが、右上に日付、Pay the order of ...のところに先方の宛名、右のボックスに金額、下に英語で金額の書き下し、右下に自分のサイン、という感じです。しかし、こういう紙っぺらでお金がやり取りできるのも便利なのか危険なのか…と思います。カリフォルニアではWells Fargoのお店が多いような気がしますね。口座開設は結構てこずると聞きましたが、私はSSN等がない時点でパスポートと日本のクレジットカードを見せるだけで大丈夫でした。但し、金利をちゃんと受け取るために後でSSNを通知することは必要です。

 クレジットカードは主にプレミオを使っています。JALファミリークラブ連携のカードにするとJALのマイレージを貯められます。年会費がかかりますが、こちらは買い物をほとんどカードでするので元は取れてるかなという感じ。自動引き落としができるので支払いも楽です。作成までに住所確認等、少し時間がかかるのでそれまでCitiカード等を使っていました。ANA系でもマイレージが貯められるドル建てのカードがあるようです。

 日本ではほとんど現金を使っていましたが、こちらではほとんどカード。買い物が簡単にできてしまうのも考えもので、使いすぎないように気をつけなきゃと思います。
[MAP]
(Mura)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Hillsdale Shopping Center

 San Mateoのちょっと手前、Hillsdaleにある屋内型のショッピングセンター。規模はそれほど大きくないですけれど、Macy'sやNordstromがありコンパクトにまとまっている感じ。Valley Fairなんかに比べると大きくない分、空いていて快適に買い物できる気がします。フードコート、スタバなんかもあり食事等にも困りません。

 入っているお店としては、Coach, Abercrombie & Fitch, Banana Republic, GAP, Baby GAP, Gymboree, Lego Store, Disney Store等。ラインナップもなかなかいい感じ。アバクロは日本で手に入りにくいらしいと聞いて、最近結構買ったりしています。
[MAP]
(Mura)
Hillsdale1 Hillsdale2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 日本ベイクリニック

 サンマテオにある日本人の先生がやっているお医者さん。うちは吉田小児科/小林内科の方が近いのでそちらにお世話になることが多かったのですが、嫁さんのお父さんがこちらに来た時アレルギーで調子が悪くなって、小林内科が休みの時だったのでこちらの紀平先生にお世話になりました。その場で薬をすぐ処方してもらえて助かりました。
 また、娘がプレスクールに入る時の健康診断もこちらの矢野先生にお願いしたのですが、日本とアメリカの幼稚園の違いなどいろいろ細かく教えていただきました。アメリカの方が幼稚園に入るのに必要な予防接種の数が多いらしく、足りない分をその場で打ってもらえたのでこれまた助かりました。

 頼りになるお医者さんをいくつか知っておくことは大切ですね。サンマテオの駅からも近いので、Caltrainで行きたい場合にも便利かもしれません。
[MAP]
(Mura)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Stanford Book Store

 夏休みが終わり、Back To Schoolセールの時期も終了。学生が大学に帰ってきて活気が戻ってきました。White Plazaの大工事もほぼ終了してBook Storeの前も綺麗になりました。以前より芝生や木が増えたようです。

 Book Storeは教科書から雑誌、子供用の絵本、PCグッズまで品揃えたっぷり。スタンフォードのロゴグッズも売っているのでお土産を買うのにちょうどいいです。人が来てキャンパスを案内する時の定番コースは、Hoover TowerMemorial Church、ココ、という感じ。
 Book Store2階のカフェは11時までだとコーヒーが$0.75。マフィン・コーヒーのセットは$1.75。ただこれはマフィンが売り切れてることもあります。

 さて、アメリカにはよく地名や大学名のロゴグッズが売っていて普通に着ている人も多いのですが、英語だと全然おかしくないのになんで日本語だとおかしく感じるんでしょう?
 "Carmel-by-the-sea"や"Sausalito"、あるいは"Stanford"とか"Cal"はOKだけど、「埼玉」「田園調布」「鎌倉」とかTシャツに書いてあったら変ですよね。「慶応」とかもスポーツの応援以外には着てる人いなそう…。そう言えば"Palo Alto"は見かけたことないですが、観光地だけなのかな。日本は帰属意識が出過ぎるのを嫌うのでしょうか。文字の意味を考えすぎと言うか、他人のファッション・視線を気にしすぎなのかもしれません。

 そういえば先日大学の寮の入り口で新入生の歓迎イベントみたいのをやっていました。風船でゲート作って、揃いのTシャツ着て。こういうサークル活動みたいなの、大学っぽくていいですね。
[MAP]
(Mura)
Bookstore1 Bookstore2 Bookstore3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Elephant Pharm

 サプリメントとか健康関連グッズを扱うお店、のようですがエルカミ沿いSan Antonio SC手前のLos Altos店の閉店セールに行ってきました。
 今まで全然来たことなかったんですが、アロマとかヨガグッズとか、健康志向の強そうなこの辺りにはコンセプトとして良さそうなお店かなと思いました。ただそういうお店ってショッピングセンターにあれば他の買い物のついでに寄るかもしれないけど、単独店舗としては難しいんでしょうかね。
 全品50%offでしたが目ぼしいものは大体掃けてしまっている感じでした。Scharffen Bergerのチョコがあったので半額で買えたのはちょっとうれしかったです。
(Mura)
Elephant


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Kara's Cupcakes

 サンフランシスコのカップケーキ屋さん。Town & Country Villageにあります。Ghirardelli Squareにもありました。テイクアウトが中心ですが中でコーヒー飲んだりもできます。

 ブティック風のおしゃれな店構え。カップケーキは1個$3.25です。カップケーキが1個$3以上もするなんて!と思うでしょう。わかります。でもここは清水の舞台から飛び降りる覚悟で(←ドンダケヒクイブタイヤネン)是非買ってみちゃって下さい。
 うちはとりあえずSweet VanillaとChocolate Velvetをトライ。見せてもらおうか$3.25のカップケーキとやらを、と思いつつガブッといってみると、なるほどコレハと思わせるものがあります。バニラの方はまずカップケーキ自体がさっくりした食感にしっとりした味わいでレベルの高さを感じました。上に乗っているクリームはシュークリームの中身のようなカスタード風味でケーキとの組合せがいい感じ。上の粒砂糖がかなり甘いのですが、トータルとしてはよくできています。カスタード風のクリームを中に入れるのでなく、上に乗せたのが一つのアイデアなのかもしれません。チョコの方もカップケーキは同様にさっくりしっとり。上のチョコクリームはむしろ甘さ控えめで、こちらもややカスタード風味のクリームでした。

 さて改めて1個$3.25はどうかと言うと、確かにちょっと高いけどそれなりのレベルのおいしさではあるなと思いました。ただ、うちの嫁さんの評価としては「甘すぎてダメ」とのこと。私としては日本に上陸したら結構人気でるんじゃないかな、と思うのですけれど。フランチャイズはモス系列、第一号店は銀座か表参道で、という感じ。カップケーキで専門店というのもありなんだなあと思いました。
[MAP]
(Mura)
Karas1 Karas2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Tesla Motors

 電気自動車のスポーツカーを売るTeslaのショールームがMenlo Parkにあります。Teslaはシリコンバレー発のベンチャーで、値段が高いために普及しにくかった電気自動車をスポーツカーに絞ることによって環境意識の高いリッチ層に売り込もうとしているらしい。工場はサンノゼに建設予定とか。この前LAに出張に行ってTeslaのショールームを見かけて「Menloと同じ車のディーラーがあるなあ」と思っていたら、Teslaのショールームはその二つだけだったみたい。

 Tesla Roadsterのスペックはパンフによると3.5時間の充電で227mile走行。3.9秒で60mphに達する加速がウリで最高時速は125mph。バッテリーは10万マイル以上の耐久性能があるとのこと。基本価格は$109,000(1200万円弱)。車のデザインはフェラーリ風ですね。ハイブリッドでなく電気自動車だと、外出中どこで充電するのかが気になるところではありますが。

 Palo Alto周辺は高級車を見かけることも多いですが、電気自動車のスポーツカーというのは新しいですね。走っているところを見たいものです。
[MAP]
(Mura)
Tesla1 Tesla2Tesla3 Tesla4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Peguin Froyo

 San Joseダウンタウンのフローズンヨーグルト屋さん。間口は狭いんですけど奥は結構広いです。アイスクリームやスムージーもやっています。

 こちらではプレーンをOriginal Tartと呼ぶらしい。Small(8oz $3.25)を頼みました。普通Smallは4ozとか6ozだと思うのですけれど、かなりたっぷりな感じです。味もどっしりと濃厚でした。酸味は弱めかも。たくさん食べられるのはうれしいですね。別の味ではピスタチオとかがありました。サンプルをもらったら、さわやかな感じの味でした。
 マンゴーのスムージーも頼んだのですが、こちらもストレートなマンゴー味でよかったです。

 あちこちにあるフローズンヨーグルト屋さんですが、こちらは街のSoda Fountain的な雰囲気のあるお店でした。
[MAP]
(Mura)
Penguinfroyo1 Penguinfroyo2 Penguinfroyo3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ San Jose Downtownのお昼

 San Joseのコンベンションセンターに出張したりすると、San Joseのダウンタウンでお昼を食べます。
 手軽でよかったのはLa Taqueria(=タコス屋…なんてシンプルな名前)というお店。テイクアウト中心でファーストフード風ではあるのですがブリトー($5.75)はお肉がジューシーでおいしかったです。
 別の時にTandoori Ovenというインド料理屋さんにも行ってみました。確かCalifornia Ave.にもあったと思います。Chicken Curry(単品ala carteで$8.49)にChai($1.49)を付けてみました。インドカレーはすごく辛いイメージがありましたが、こちらは比較的マイルド。でも香辛料の香りはたっぷりな感じでおいしいです。チャイもカレーによく合うと思いました。

 San Joseのダウンタウンにはレストランもいろいろありますが、ファーストフードのチェーン店は飽きたけどレストランで長く待つ時間もない、という時には便利だと思います。先日ちょっと寄ったのですが、Saint Joseph教会が結構立派だったことに今更気づきました。
[Taqueria MAP]
[Tandoori MAP]
(Mura)
Sj_convention Sj_taq Sj_tand Sj_stjoseph


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ The Red Barn

 大学開設前からあったStanford家の牧場と厩舎。Cantor Center of Artsの時に書きましたが、創立者Leland StanfordがJr.のメモリアルのために大学を設立しようと考えた時、自身が牧場を所有していたこの場所に作ろうと決めたのだそうです。なので、この牧場が大学発祥の地でもあり、大学とともにこの牧場を守らないといけないという決まりになっているそうです。

 厩舎の前では、乗馬の練習をしていました。近くに馬小屋もあって馬が結構たくさんいます。入り口付近にElectioneerという競走馬の銅像がありました。そばの道の名前にもなっていて、かなり優れた馬だったんでしょうね。

 農学部はないけど牧場がある大学というのも珍しいかもしれません。
[MAP]
(Mura)
Redbarn1 Redbarn2 Redbarn3 Redbarn4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Yogen Fruz / Embarcadero Center

 Ferry Buildingに来たついでにEmbarcadero Centerにも寄ってみました。こちらは4つのビルの低層部分にいろいろお店が入った小さめのショッピングセンターという感じ。雰囲気としては新宿西口のビル街に近いと思いました。ビル間の行き来がちょっとしづらいのが難点ではありますが。

 で、その中にあったフローズンヨーグルト屋さんYogen Fruzを試してみました。こちらの特徴はフローズンヨーグルトのブレンドみたい。うちはlow fatのヨーグルトにイチゴを選択。Smallで$2.65です。マシンにヨーグルトとフルーツを投入して、うにゅーと搾り出すとブレンドされたフローズンヨーグルトが登場。フルーツのつぶが少し残りつつ、ヨーグルトとうまくブレンドされておいしいです。ブレンドせずにトッピングにすることも可能です。

 フローズンヨーグルト屋さんもたくさんあるので、あの手この手で特徴を出そうとしているみたい。フルーツによってブレンドがいろいろ選べるので面白いアイデアではあるなと思います。
[MAP]
(Mura)
Embarcaderoctr1 Embarcaderoctr2 Yogenfruz1 Yogenfruz2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ AT&T Park

 サンフランシスコジャイアンツの本拠地。前にイチロー目当てでオークランドにアスレチックスの試合を見に行きましたが、やはりサンフランシスコの球場も見ておきたいということで来てみました。

 BARTとMuniを乗り継げは球場の前に着けますが、デーゲームで時間もあったのでFerry Buildingからとぼとぼと20~30分歩いてみました。AT&T Parkはクラシックな感じのデザインです。ライト側外野のすぐ外は海で、ヨットが並んでいました。電光掲示板の裏や外野にはクラムチャウダーとか食べ物を売るお店がたくさん。子供が中に入って遊べるコカコーラのビンのオブジェとか、なぜかケーブルカーが置いてあったりします。今回も外野の比較的安い席で$13.00。脇にはボンズのプレートが。内野席はオークランドに比べるとちょっと高いみたいでした。

 やはり日本人選手がいないと観戦にも微妙に力が入らないですかね…。ジャイアンツには投手で藪がいるはずですが、この日は登板なし。Travis Ishikawaという日系人選手が出ていました。お父さんが日本人らしいですけれど、映像を見るにどうもお母さん似らしい。試合の方は同点で迎えた最終回、ツーアウトランナー1、3塁の状況でマーリンズのピッチャーがワイルドピッチをやってジャイアンツがサヨナラ勝ちという、これまた微妙な終わり方でした。
 オークランドの試合がガラガラだったのに対し、こちらはデーゲームなのに人は多かったです。雰囲気も明るくていい感じ。帰りのMuni Metroが混雑するので切符は試合前に買っておく方がよいと思います。
[MAP]
(Mura)
Attpark1 Attpark2 Attpark3 Attpark4 Attpark5 Attpark6 Attpark7 Attpark8


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ The Slanted Door

 San FranciscoのFerry Buildingにある有名なベトナム料理系レストラン。本当はGiantsのデーゲームを見てディナーにと思っていたのですが、5:30pmでも予約が取れずにランチになりました。人気の高さを甘くみていたようです。

 Ferry Buildingは初めて来ましたがおしゃれな感じのアーケードですね。ACME Breadのような人気のお店があったり、古い建物の感じが残っていたり、雰囲気作りがうまいです。

 Slanted Doorは海沿いのデッキ脇にあってベイブリッジが見渡せる明るい店内です(写真では風景が白く飛んじゃってますが…)。料理はお友達にオススメしていただいたSpring Rolls($9.00)、Wanton Soup($6.00)、Crab Cellophane Noodle($16.00)を頼んでみました。
 まずSpring Rolls。豚肉、エビが入った割と普通の生春巻ではありますが、タレがピリ辛でいい感じ。ピーナツベースだけどこれはいけます。続いてワンタン。麺も入っているのですが、このスープの味が最高。揚げた春巻きの皮とかネギとか、プリッとしたワンタンとか、全てのバランスが完璧。サイズが小さいのですけれど、このワンタン麺を単独で出すラーメン屋があっても行列店になるだろうなというおいしさです。最後のCellophane Noodleはカニの春雨炒めでした。こちらもカニの味を生かしつつ、ニンニクの香りがあってちょうどいい味付けでした。

 大人二人+チビで上の三品だと正直ちょっと足りない感じではありますが、この後野球を見ながらいろいろつまむだろうということで軽めの昼食にしました。値段がそれなりで味が本格的においしい、ということで人気があるんでしょうね。予約が取れれば夜にも来たいと思いました。
[MAP]
(Mura)
Ferrybldg1 Ferrybldg2 Ferrybldg3 Slanteddoor1 Slanteddoor2 Slanteddoor3 Slanteddoor4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Saint Michael's Alley

 Palo Altoのカリフォルニア料理のレストラン。Whole Foodsのちょっと先です。Dave氏のブログにて一押しとあったので気になっていて、土曜日のブランチに行ってきました。ぶどうのつるの絡まったお店の雰囲気からしていい感じです。お客さんも結構居て人気のほどが伺えます。私たちが入る前のグループは日本人の方みたいでした。

 ブランチということで、飲み物はフレッシュなオレンジジュースとラテ(各$3.75)。ラテはフォームミルクがふわふわ。ジュースもおいしかったです。ジュースはもしかすると向かいのWhole Foodsで売ってるものかもしれないですけれど。
 メニューはSeasonal Waffle($11)、本日のスペシャルオムレツ($16)、Roasted Corn Risotto($14)にしました。ワッフルは柔らかめの焼き上がり。サクッとした感じのピーチとヨーグルトが甘すぎない感じでとてもいい組合せです。スペシャルオムレツはトマト、ハム、Leek等が入ってかなりボリュームがあります。ブルーチーズの香りがアクセントになっています。リゾットはチーズと、コーン以外にもピーマン、タマネギ等の野菜がたっぷり入っていました。さらにパンが付いて、量が多かったので少しお持ち帰りにしました。

 さて窓際に座られた日本人らしき方々も料理の写真を撮られていて、最近はブログ書いたりしてる人も多いんだろうなーなんて思っていたら、レストラン情報をよく参考にさせていただいているshina_poohさんだったっぽい。記事のオレンジジュースの写真がもうちょっと右に振れていたら写っていたかも。不思議な偶然です。
[MAP]
(Mura)
Stmichael1 Stmichael2 Stmichael3Stmichael4 Stmichael5Stmichael6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Draeger's

 メンローパークの高級スーパー。トレジョーのちょっと先。今まで全然使っていなかったのですがVisiting Scholar仲間Hさんの奥様にオススメされて行ってきました。Hさんの奥様は日本で手作り天然酵母パンを売っていた方なので食の情報に詳しく、よく教えていただいています。

 こちらもWhole Foods同様、お惣菜類が充実してておいしそう。今回はオススメのスコーンとカリフォルニアロールを買ってきました。スコーンは中がしっとりしてて甘みもちょうどよくおいしい。カリフォルニアロールも満足できる味でした。もう一つオススメいただいたのがScharffen BergerのCacao Nib入りチョコ。カカオのツブツブが入っていてチョコの香りもあっておいしいです。こちらのメーカーはBerkeleyに工場があって中を見学できるようですが、残念ながら小さい子供はダメらしい。Whole Foods等でも買えるようです。

 2階は雑貨やパーティーグッズ、キッチン道具等を置いていて、こちらも品揃えがおしゃれな感じでいいです。カフェスペースもあります。
 日本で言うと紀伊国屋みたいな感じでしょうか。値段は少し高めかもしれないですけれど、たまに使ってみたいところです。
[MAP]
(Mura)
Draegers1 Draegers2 Shaffenberger


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Millbrae Parking

 飛行機で旅行に行くとき車をどこに停めていくかという問題があります。車を使わずSuper ShuttleにするとSFOまで片道$29、一人追加毎に$9で往復だと案外かかります。SFOのLong Term Parkingは空港までのシャトルバスがすぐ来るので便利なんですが1日$14とこちらもちょっと高め。他の民間のLong Termは少し安めのようですが似たような感じみたい。

 そこでオススメなのがBART/CaltrainのMillbrae駅にあるパーキングです。こちらはLong Termの場合1日$6なのでSFOのLong Termと比べると半分以下です。BARTを使ってSan Brunoで乗り換えというのがちょっと面倒なのが玉に瑕ではありますが。MillbraeからSFOへの直通はなくなったわけではなくて、以前早朝4時に利用したら始発から数本はMillbraeからSFO直通でした。深夜でもMillbraeを経由してSFOに行くSamtransのバスが何本かあるようです。San Brunoにもパーキングはあるようですが、やや小さいみたいなので場所取りに注意が必要かもしれません。Millbraeパーキングを使う時の注意点はネットで支払って事前にチケットをプリントアウトすること。パーキングにマシンがないのです。

 MillbraeパーキングはSan Franciscoの市街に行くときも便利です。当日利用だけなら無料で予約も必要ありません。特にAT&T Park周辺は公共交通機関の利用を進めるため意図的に駐車料金を高くしているみたいなので野球観戦なんかに使えます。同じBARTの駅でもDaly CityやColmaは1日利用も有料のようです。
 San Francisco中心部のパーキングとしては市営のSutter Stockton Parkingが1時間$2でやや安めですかね。まあUnion Squareの地下も$2.5みたいなのであまり変わりませんが。他にはEllis O'Farrel、5th Missionなんかも市営のようです。

 車は便利なんですがパーキングで結構頭を悩ますことがあります。いろいろ情報を集めて賢く使いたいところです。
[MAP]
(Mura)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 旅行の話

 「カリフォルニア時間」という言い方がありますが、例えば日本に居たときは「会議1時開始」と言えば5分前集合が前提で1時ちょうどに来たら怒られたものでしたが、こちらの場合1時に人が集まり始める、あるいは会議室の鍵がやっと開く、というような感じです。帰りのラッシュも4時くらいに始まったりしますし、夏休みもきっちりとります。
 そんなこんなで日本に居るときより時間に余裕があるので、Visiting Scholar、ポスドク、留学生問わず、日本から来た人はよく旅行に出かけます。特にVisiting Scholarは1年とか2年の期限付きが多いので、集まるたびに旅行関係の情報を交換したりして。我家も旅行に詳しいIさんに教えていただいて当初予定になかったYellowstoneに行ったりしました。その辺りの話はスタンフォード周辺のネタが尽きた頃また別途…。

 さて日本では旅行に行く時、旅行代理店でパッケージを頼むことが多く、またその方が安かったりすることも多いですが、こちらは飛行機やレンタカー、ホテルやモーテルにしてもほとんど全ての所についてインターネットで比較、予約が可能なので、ネットですべて解決する人が多いようです。
 ではどこのサイトを使うかという話なのですが、うちはCheapTicketsExpediaOrbitz等を使って狙いを絞り、航空会社やモーテルのサイトで直接予約した場合とどっちが安いかを比べたりしています。ホテルのサイト等に「最安値保証(Best Rate Guarantee)」なんて書いてあったりしますがExpediaの方が安かったことがあった気がします。AAAの割引とかクーポンコードとかいろいろあるので値段は結構ややこしいですけれどね。
 HotWireは、ホテルの場所とグレードは選べるけど予約するまでどこのホテルになるかわからない分、いいホテルに安く泊まれるというのがウリらしいです。開けてみたらヒルトンだった、なんてことがあるらしい。ホテル側も安売りしてるイメージがつかなくていいんでしょう。

 そう言えば飛行機のチケットは日によって値段が結構変動します。感覚的には土日がピークで火水木あたりが底値。距離にもよりますが$100くらいは簡単に変わります。ただ、出発日の21日前(southwestは14日前みたいですが)になるとガクンと値が上がるのであまりモタモタもしていられないですけれど。

 グレードにもよりますが、アメリカのホテル、モーテルでは冷蔵庫を置いてないところが多いです。その代わり氷を吐き出すアイスマシンがあるわけですが、ホシザキという日本メーカーのものをよく見かけます。アメリカの片田舎で日本メーカーのものを見つけると、頑張って商売してるなーとか思います。

 ということで旅行にまつわるあれやこれやでした。実際、学校での勉強も大切ですけれど、旅行してみてアメリカのことがよく見えてくるということもあるなあと思います。
(Mura)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Googleを蹴った人の話

 先日学生たちと昼食中、他の研究室の人から「君たちの研究室、スタンフォードでネットワーク絡みの研究をしている割に今年もGoogleに行く人がいないってのはちょっと変じゃない?」というような話が出ました。で、いろいろ話していると、実は今年の卒業生の一人はGoogleの面接を受けて好感触ではあったものの、仕事環境の話を詳しく聞いて結局お断りした、ということだったらしい。

 Googleと言えば高い給料においしいタダのランチやら手厚い福利厚生やらで就職先の人気としても飛び抜けた存在なのかと思いきや、スタンフォードの学生から見て必ずしも絶対的な存在というわけではないようです。

 Googleは"Super Flat"な組織であるため、研究に特化した組織を持たない(一部研究所のようなものもあるようですが、学生のいない大学のような限られた存在らしい)。そのためPh.Dでも普段はプログラマとして活動し、例えばGMailのデータが格納されている拠点間のデータをどう同期させるか等、仕事としてはGoogleのサービスにまつわる内部の問題を解決することが優先される。従って新しいサービスの提案等、研究的な要素を持つ仕事については、いわゆる20%ルールのような時間を活用して提案ベースで手を挙げ、仲間を募りプロジェクト化していく必要があると。シリコンバレーには他にいろんな会社の研究所もありますし、そのような研究専業でない仕事環境は研究志向の学生には受けがよくない面があるようです。

 最近、Googleが福利厚生を縮小しているとか、社員が離れたりして株価も下がり気味という噂を聞きます。Web検索におけるGoogleの優位はまだまだ揺らぎそうにありませんが、「完璧な職場」的なGoogle神話は必ずしも永続的ではないのかもしれません。
(Mura)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Stanford Madera Grove Children's Center

 うちの子も幼稚園(プレスクール)に通い始めました。プレスクールも普通のところ、モンテッソーリ教育をしているところ、シュタイナー教育をしているところといろいろあるようですが、うちの子が通っているのはStanford関係者の子供用のところです。基本的には先生方、ポスドク、学生が優先でVisiting Scholarはその次なんですが、できたばかりだったからかウチの子も入れてもらえました。

 アメリカ人の子供はお弁当としてZiplocにハム3枚だけとか、チーズだけとか、スニッカーズだけとか、そんな子が結構いるらしいという話を聞いたことがありましたが、うちの子のところはそうでもないみたい。お弁当にお菓子食べてる子がいると、他の子まで欲しがっちゃったりするもんだから、学校で「お弁当にお菓子禁止令」が出る場合もあるとか。

 最初のうちは子供も泣いたり、親も心配でなかなか離れられなかったりという感じでしたが、徐々に慣れてきたみたい。いろいろ経験して少しずつ成長するのでしょうね。
 Stanford周辺の幼稚園は月謝が非常に高額です。日本からすると3~5倍くらいじゃないでしょうか。安いところを探して遠くまでいく手もあるかもしれませんが、なかなか難しいところです。
(Mura)
Stanfordmadera1 Stanfordmadera2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ SFO Museum

 サンフランシスコ国際空港にはミュージアムが併設されています。と言っても、模型や写真が展示されている小さなスペースですが。国際線チェックインエリアの南側です。入場無料。
 クラシックな雰囲気は開業当時のSFOを再現しているらしい。その頃の写真を見るとSFOの建物が小さかったりUS101を走る車が少なかったり、なかなか面白いです。上の階は航空関係の図書館になっていますが、閲覧には予約が必要のようです。

 さてSFOの中のレストランはベイエリアのお店を中心に構成しています。国際線ロビーのセキュリティエリア手前のフードコートでご飯を食べました。Lori's DinerのNY Steak Sandwitch($14.05)は、薄切りのステーキが挟まったサンドイッチ。Kirk'sのSteak Burgerは普通のハンバーガーでしたが、こちらはステーキそのものです。炒まったタマネギとの組合せがいい感じ。Fung LumのBBQ Pork Fry Noodle($11.91)はいわゆる中華焼きそばですが、これが結構おいしい。かなり脂っこいのですが、そこがうまいのかも。

 出張では私はよくUnitedを使うのですが、セキュリティチェック後の国内線Terminal3にもいろいろ食べるところがあります。Gordon Bierschもありますが、フードコートではメキシカンのAndaleやクラムチャウダーのBoudinなんかが軽めでいいです。AndaleはPalo Altoにもお店がありますね。BoudinのBest of Boudin($8.29)はチャウダーにハーフのサンドイッチが付いて小腹が空いた時にちょうどいい感じ。Sankakuというお店の天ぷらうどんも日本でいうと駅の立ち食いっぽい感じではありますが悪くなかったです。

 SFOは大きいわりに使いやすくていいのですが、Millbraeからの直通BARTを復活させて欲しいところです。
[MAP]
(Mura)
Sfo_museum1 Sfo_museum2 Sfo_loris Sfo_funglum Sfo_andale Sfo_boudin Sfo_sankaku


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Dreamworks

 Googleに続いてシリコンバレーのフリーランチ探訪ということで、知り合いの方にアニメ映画で有名なDreamworksのお昼にお誘いいただきました。場所はRedwood Cityの海のそばです。

 Dreamworksと言えばシュレックでアカデミー賞の長編アニメ部門を受賞していますが、受付の所にオスカー像が置いてありました(本物らしい)。他のヒット作としては、マダガスカルとかカンフーパンダとかがありますね。しかしカンフーパンダのCGは本当に凄いです。中国風の建物の造形とか、動物の毛の表現、爆発や霧、水の表現だけでなく、カンフーアクションの滑らかさがよく出来ていると思いました。カンフーの達人の動きをキャプチャーしたのでしょうね。アニメーターの方々のオフィスはそれぞれイメージを刺激するような小物を置いていたり、クリエーティブな感じでした。映画の会社なので試写用のミニシアターもありました。

 さて、こちらの会社もランチがタダなのだそうです。この日のメインはハンバーガー。焼きたてで、こんがりおいしかったです。さらに取り放題のサラダとスープ、飲み物、デザートをいただきました。
 フリーランチもさることながら、映画制作の現場を少し見させてもらえたのがとてもよかったです。
[MAP]
(Mura)
Dreamworks1 Dreamworks2 Dreamworks3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 大統領候補はロックスター

 大統領選挙で盛り上がるアメリカですが、8月末に民主党全国大会、9月頭に共和党全国大会がありました。正副大統領候補として民主党はオバマ・バイデン、共和党はマケイン・ペイリンのコンビを選出しました。

 テレビで見ていて思ったのですが、民主党大会の盛り上がり方はロックコンサートみたいです。ミュージシャンが演説の合間に歌ったり、実際に音楽で盛り上げているというのもありますが、かっこいいプロモビデオやオバマをぎりぎりまで出さない演出など、演説の中身よりノリ、という雰囲気もあります。
 ヒラリー、ビル・クリントン、ゴア、ケリー、あるいはスティービーワンダー等、登壇者のラインナップもゴージャス感あり。東海岸11時頃、西海岸8時頃、バイデンの副大統領候補受諾演説の最後にオバマがサプライズ登場した時が一番盛り上がっている感じでした(むしろ翌日のオバマの演説より)。黒人系初の大統領が誕生するかどうか、というオバマのヒーロー性を強調した大会だと思いました。

 一方、共和党大会はどっちかというと地味目な感じ。ペイリン擁立によって女性票の受け皿を用意して話題作りにはなったのかもしれませんが、マケインとの組合せには何かちぐはぐ感があります。この二人、話合うんかいなというか…。民主党チームが失策した時に拾いにいくぞ的な体制にも見えます。まあ、ブッシュのホワイトハウス中継とか見逃しているし、共和党の方はあまり見てなかったんですが。

 今後テレビ討論等を経て11月の本選挙に向かうようです。思えばSuper Tuesdayが2月だったので、本当に長い選挙戦です。ノリや勢いも重要ですが、中身がなければ勝てない厳しい戦いなのでしょう。日米で比べてみると、人気投票的な形でタレント知事が出てきたり(実力の程はともかく)、一方で組織力のある人が生き残ったりという日本の状況に何か危うさを感じたりもします。
 ともあれ大統領選を通じてアメリカの政治の流れが分かるのは面白いものだと思います。
(Mura)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ お風呂とトイレと生活習慣の話

 アメリカでの生活も西海岸の場合、食生活については日系スーパーがあったりするおかげで日頃それほど違和感はないわけですが、お風呂とかトイレとか、そういう部分で違いを感じることがあったりします。

 まずお風呂ですが、娘と一緒に入ってはいけないというのは以前書いた話。お風呂の形状ですが、こちらはお湯を貯めて入るスタイルではないのでバスタブが浅いです。バスタブは体を洗ってシャワーを浴びる場所という考えですからね。ゆったりお湯につかりたい、という時に狭い思いをします。スポーツクラブにはジャクジーがあるので、お湯につかるニーズはあるのでしょうけれど…。
 西洋では昔、お湯をたっぷり使えるほど水が豊富ではなかったのかもしれませんね。

 それからトイレですが、日本ではお店のトイレですら装着されているウォシュレットがほとんど使われていない、というのは有名な話。アメリカ人でも日本で使った人は喜ぶらしいですけどね。
 しかも、こちらでは便座カバーすら使わないようです。お店でも見かけません(DAISOにはありますけど)。西洋人の方々は冬でも半袖でいたり、寒さに強いようですが、冬に冷たい便座に座るのも全然OKなようです。考えてみたら、日本は和式→洋式→ウォシュレットと3ステップも進んでいるのに、アメリカではずっと昔のスタイルを頑なに守っているわけです。トイレについては。
 あと結構不思議なのは、男子用トイレで小便器より個室の数が多いことがよくあること。利用効率を考えたらどうなのかと思うのですが、「大は小を兼ねる」ということなんですかね…。

 人はより良いライフスタイルを求めて変化していくものかと思いきや、生活習慣というのはなかなか変えられないものなのかな、とも思います。
(Mura)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 50 State Quarters Program

 25c硬貨(Quarter)を集めています。1999年から2008年まで1年に5枚のペースでアメリカ各州のデザインをあしらったQuarterが発行されており今年で完結します。私は今年の初めからコーヒーを買う時とか、もらったQuarterをチェックしてコツコツ集めているのですが、残り7枚くらいで足踏み状態になりました。まだアラスカ、ハワイが発行されていないこともありますが、やはり最後にくるとなかなか集まりません。研究室の学生にも一人集めている人がいて、重複しているのを交換して2枚増やせたのですが、まだあと5枚です。

 さて実際何枚くらいのQuarterをもらってくれば50州の絵柄を集めることができるのでしょうか。50枚コンプリートするための期待値を考えてみました。
 まずQuarterにはState Coinだけでなく鷲の絵柄が描かれた古いコインもあるので、State Coinを引く確率をa=0.5(2枚中1枚)としました。トータルでn種類(ここでは50)あるうち現在r種類集まっていて、r+1種類目を引き当てる確率をp(r)とすると、p(r)=a(n-r)/nとなります。はずれの確率q(r)は1-p(r)です。
 引く枚数の期待値は、図に示すように当たると上、はずれると右に動く経路を想定して、一番上のゴールに着くまでの距離(引いた回数)に経路の確率を掛け、これらを全て足したものになります。Excelでちょっとシミュレーションしてみたところ、上記の条件では50枚揃えるのに約446枚Quarterを交換するという結果になりました。

 私も実感として400枚近くQuarterをチェックしているような気がします。鷲のコインが来る確率が結構あるので実際には500枚以上は必要かもしれません。大統領の顔をあしらった1ドル硬貨も発行されているようですが、25c硬貨は金額が小さい分手頃なので、おつりをもらった時の楽しみに集めてみると面白いと思います。
(Mura)
Statecoin


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Kirk's Steakburger

 Town & Countryにあるハンバーガー屋さん。地元で結構人気のお店らしいです。
 Steakburgerとあるのでステーキが挟まっているのかと思いきや、普通のハンバーガーです。Griller(Steakburger+Onion+Cheese $6.50)に取り放題のトマト、レタス、ピクルスを乗っけてみました。バンズがWhite Bread、パテが手ごねっぽいのが特徴でしょうか。わりとジューシーです。奥のSmall Garlic Friesは$2.69。
 もう一つはSplitter(Flankfurter+Cheese $5.55)にしました。こんがり焼かれたソーセージにチーズがとろーり。まあ普通のホットドッグではありますが、おいしいです。

 Jeoffrey'sもそうですが、野菜やピクルスを自分で乗っけるのが本来のアメリカスタイルなのかも。隣のPalo Alto Highschoolの学生とかがよく利用しているみたいでした。
[MAP]
(Mura)
Kirks1 Kirks2 Kirks3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Shockley Semiconductor Laboratory跡地

 ある意味本当のSilicon Valley発祥の地。ショックレー研究所の跡地はSan Antonio SCの一角にあります。現在は八百屋さんになっています。

 Palo AltoのDowntownにあるHP創業のガレージがSilicon Valley発祥の地とされていますが、実質的にはノーベル賞受賞者であるShockleyがこの地に研究所を設立したことが大きなきっかけとなっています。ショックレー研究所にはGordon MooreやRobert Noyceが居ましたが、彼らはその後Shockleyと仲違いしFairchild Semiconductorという会社に抜け、そしてその後Andrew GroveらとIntelを創業します。Shockley氏はマネージャとしてはいろいろ問題があったらしく、Mountain View市が立てたという看板にShockleyの名前がないのはそのせいなのだとか。元研究員の有志が埋めたという地面のパネルにはShockley Laboratoryの名前があります。

 シリコンバレー発展の陰にはいろいろな歴史があった、ということが偲ばれる場所でもあります。
[MAP]
(Mura)
Shockley1 Shockley2 Shockley3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »