[1]_Stanford大学

■ Stanfordのその他のスポット

 Stanford大学内もあちこち回りましたが、まだ書いていなかったその他のスポットをまとめておきます。

 Hoover TowerのMain Quad側にはArt Galleryがあり、時々個展を開いていたりします。基本的に入場は無料みたい。
 一方、Hoover Towerを挟んだその反対側には国際関係論を研究するHoover Instituteがあり、そこにHoover Memorial Exhibit Pavilionという小さな展示スペースがあります。国際政治に関する文書やベルリンの壁の一部等が展示されていました。

 一番大きな図書館はGreen Library。学生が勉強していたり、静かで落ち着く場所です。向かいのMeyer Libraryには学会発表に使うポスターの出力サービスカウンターがあります。東洋文学に関連して日本の雑誌が置いてあるスペースもあります。
[Green Library MAP]

 陸上競技のトラック脇にあるTrack HouseにはStanfordロゴのついたスポーツグッズがたくさん置いてあります。ゴルフボールとかティーとか、ゴルフ好きの人に喜ばれるかも。

 最後にLake Lagunita。冬には水が溜まっているものの、夏には干上がってしまう湖。水がある時に写真を撮っておけばよかった。

 一年間、Stanford大学には本当にお世話になりました。どこを見ても、懐かしい思い出の場所です。
(Mura)
Artgarrely Hooverpavilion1 Hooverpavilion2 Hooverpavilion3 Greenlibrary1 Greenlibrary2 Meyerlibrary Track1 Track2 Lagnita


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Enterprise

 Stanford周辺のレンタルカー会社としては、学内にあるこちらとCaltrain Palo Alto駅そばのWestin内にHertzがあります。

 旅行で車を借りる場合、Hertzは大概空港内のいい所にカウンターがある分、他社より高いイメージがありました。どの会社もいろいろ割引はあるのでしょうが、私は会社の関係でHertz No.1 Club Goldというのに入っていて、この割引を適用すると他社より安くなったので旅行の時にはHertzを使っていました。ただ、この学内のEnterpriseの場合はStanford関係者割引があり、上記割引適用後のHertzより安くなったので車売却後の帰国直前までこちらで車を借りました。なお、Stanford関係者割引はネットでは適用できないので、直接窓口に行くか電話で予約する必要があります。

 帰国時、空港での乗り捨ても可能だったのですが、最後バタバタしないようにと空港まではSuper Shuttleにしました。従って日曜日の営業時間外に車を返却する必要があったのですが、こちらのEnterpriseでは指定の場所に車を停めてDrop Boxにキーを入れるだけで時間外返却ができます。
 ただ、カーナビのレンタルはこちらのお店ではしていません。あとコンパクトで予約していて、まだ到着していないんだけどこれでいいか?と言われて出てきた車がDodgeのSUV。車高の高いトラックみたいな超ドデカSUVでした。パワフルではあったのですが、駐車場での取り回しが面倒だったので次の日にコンパクト(Nissan Versa)にチェンジしてもらいました。

 パーキングストラクチャの一角にあるので、知ってないと分からないお店。Guest Houseに泊まってこちらまでバスで来て、ここで車を借りていく人が多いようです。学内にレンタカー会社があるというのも便利でいいですね。
[MAP]
(Mura)
Enterprise


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ スタンフォードのお昼 (Fuzzy方面)

 スタンフォード大学でのお昼ごはん。Techy方面に続いてFuzzy方面のお店です。

 Arbuckle CafeはGSB(Graduate School of Business)の地下にあるカフェ。サンドイッチやメキシカン等。アイスも売っています。Burrito($6.00)は具がごろっとしていておいしいです。皮の種類が選べます。
[Arbuckle MAP]
Arbuckle

 The CafeはAlumni Centerにあるカフェ。Alumni Centerに合わせてとてもきれいなスタイルのカフェです。ハンバーガーや日替わりメニュー($5.5)なんかがあります。Friday BBQ Pork Rib($5.95)はがっつりそのままポークリブという感じ。食べるのにちょっと苦労しますがおいしいです。付け合せのポテトサラダとコールスローもおいしかった。テーブルに昔のメモリアルチャーチの絵があったのですが、塔が付いていたんですね。
[Alumni Center MAP]
Alumnicafe1 Alumnicafe2

 Cubberley Cafeは小さいサンドイッチのお店。地名を冠したメニューになっていて、Petaluma($5.40)はグリルチキンサンドイッチでした。パンが選べます。手作りなのでちょっと時間かかるのが難点かな。
[Cubberley MAP]
Cubberley

 Law School Cafeはその名の通りLaw Schoolにあります。パスタにサンドイッチ、インド料理を置いています。他のカフェにもある感じのペペロンチーノ($6.50)ですが、ここのはパンがおいしかったです。テーブル、パティオもあってゆっくり食べられます。
[Law School MAP]
Lawschoolcafe

 Olive CafeはMain Quadの中。Churchから見てThai Cafeの対称位置にあります。ギリシャ料理のお店ということで、メニューに特徴があります。
 Beef and Lamb Gyro($5.95)は、牛と羊のケバブ、トマト、レタスをナンみたいなパンで挟み、ヨーグルトソースをかけていただきます。ピラフ付き。なかなか面白いランチです。
[Olive MAP]
Olivecafe

 Tresidder周辺をFuzzyと呼ぶのは無理がありそうですが、せっかくなのでまとめてご紹介。The Axe and Palmはハンバーガーやサンドイッチ等、アメリカンな感じのレストラン。席もたっぷりあります。
 Philly Cheese Stake Sandwitch($5.95)はステーキとチーズ、タマネギの組合せが抜群。あまり大きくはないんですけど、かなりおいしいサンドイッチでした。これはオススメです。それからここはお弁当も扱っていて、Tempura & Chicken Teriyaki($5.50)がこれまた結構おいしいんです。天ぷらはそれなりなんですが、チキンが炭火焼っぽく焼かれていていい感じ。このお弁当はちゃんとした日本人の指導が入っていそうだと思いました。
[Axe Palm MAP]
Axepalm1 Axepalm2

 最後はTresidder裏側にあるPizza屋さんThe Treehouse。ここは何よりピザが安いのでお手軽。1pc $2.50です。
[Tresidder MAP]
Treehouse

 他にも以前ご紹介したようにTresidderにいろいろ食べるところがありますし、COHOでもパンを売っています。さらに寮周辺には食べ放題のStanford Diningもあります。
 昼時はどこも結構混んでいたりしますが、学生たちに囲まれて食事をするのも活気があって楽しいです。
(Mura)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

■ スタンフォードのお昼 (Techy方面)

 スタンフォード大学でのお昼ごはん。結構あちこちにお店があります。Main QuadからPalm Dr.方向を向いて左側を理系学部のTechy、右側を文系学部のFuzzyと言うそうなので(あまり聞いたことはないですが)、まだ書いていなかったところを2回分にまとめてみました。今回はTechy方面。

 まず大学病院の南側、メディカル系の建物内にあるAlway Cafe。こちらはパスタ、サンドイッチと丼物、お寿司を置いています。日本の方が経営しているのかな。この日のラザニア($6.25)はまあそれなり。焼肉丼($5.00)はシンプルですが味は悪くないです。
[Alway MAP]
Alwaycafe1 Alwaycafe2

 続いてBeckman Bistroは、Beckmanビルの地下にあるお店。テラスがあって席はたくさんあります。サンドイッチもありますが、ブリトーやタコス、ナチョ等メキシカンが中心です。Yahoo BBQ Britto($5.25)はバーベキューソースがたっぷりかかっておいしいです。汁が出てきてちょっと食べにくいですが。
[Beckman MAP]
Beckman

 Lutticken's DeliはCCSR(Center for Clinical Sciences Research)のきれいなビルの1Fにあるテイクアウト用デリ。昼時はいつも行列しています。Crab Cake Sandwitch($6.25)とChiken Soup($2.5)を買ってみましたが、サンドイッチはとろけたチーズとクラブケーキの組合せがかなりおいしいです。野菜も健康に良さそうなものがいろいろ入っています。パンや具も選べるのでいろいろ試してみると面白そうです。
[Luttickens MAP]
Luttickens

 最近Y2E2にPalo Alto DowntownにあるCoupa Cafeが入りました。ベネズエラのコーヒー豆を使っているのが特徴らしい。ランチにRosemary Chickenのパニーニ($7.95)を買ってみましたが、これがかなりおいしいです。チキンとハーブの組合せがぴったり。別の日にアスパラとターキーのクレープ($7.25)も試してみました。アスパラがシャキシャキして、チーズとターキーの組合せもいい感じです。Arepaというミニサンドイッチもよさげ。1/2パニーニ、1/2サラダのコンボもあったりして、結構使えそうです。
[Y2E2 MAP]
Y2e2coupa1 Y2e2coupa2 Y2e2coupa3

 最後はTermanビルの地下にあるCiao。こちらはメニューがバラエティ豊かで、定番のイタリアンと弁当ボックスに加え、日によってインドカレーやパエリヤも登場します。ペペロンチーノ($6.00)はまあ普通。ラザニア($6.00)はボリュームたっぷりでいいです。テリヤキチキン弁当($6.00)も悪くない感じでした。
[Ciao MAP]
Ciao1 Ciao2

 ということで、パスタ、ブリトー、お弁当などたくさんあって食べるところには困りません。すでにご紹介した場所としても、BytesNexusThai CafeCool Cafeなんかがあるので、気分やメンバーによって選んだりするといいと思います。
(Mura)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

■ Stanford Cardinal Football Game

 アメリカならではのスポーツ、アメリカンフットボールを一度は見てみたいということでStanford Cardinalの試合を見にStanford Stadiumに行ってきました。Stanfordの学生は無料。Visiting Scholar等、関係者とその家族は$10。一般価格よりは安いです。
 こちらの大学リーグはTV中継もされてプロと同じような扱いになっていますが、スタジアムもさすがに立派です。プロの球場と全く変わらない感じ。

 この日はStanford vs Washington Stateの試合だったのですが、雨の中でのゲームとなってしまいました。1 quarter 15分で1試合1時間ですが、プレーよりも中断の時間が長いのでハーフタイムまで1時間半くらいかかっていました。
 試合はハーフまでにStanfordが3タッチダウン+ゴール、1フィールドゴールで31点を取る一方的な展開。Washington Stateはあんまり強くないのかな。まあ、雨のせいもあって、パスをうまくキャッチできなかったりすべってしまったり、条件はよくなかったですけれど。結局私は雨がやまないのでハーフで引き上げてしまったのですが、最終的には58-0でStanfordの圧勝だったようです。

 ハーフタイムショーなんですけど、チアリーダーの女の子は雨の降る寒い中、ノースリーブで頑張っていました。これもある種プロ意識かもしれません。あと真ん中で踊っている木の格好をしたキャラクターは、正式なマスコットではないみたいですがPalo AltoのシンボルをモチーフにしたEl Palo Alto君のようです。
[MAP]
(Mura)
Stanfordfootball1 Stanfordfootball2 Stanfordfootball3 Stanfordfootball4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ SLAC

 Sand Hill Rd.沿いにあるStanford大学及び米国エネルギー省の所有する素粒子物理学の実験施設。この付近の住人にはSLAC行きのバスでおなじみ。
 SLACはStanford Linear Accelerator Centerの略ですが、最近国の施設の商標登録をすることになり"Stanford"の名前が付いているとよろしくないとかで改名の話が持ち上がったのですが、激しい議論の末"SLAC National Accelerator Laboratory"という名前になったとのこと。とりあえずSLACの名前は残りました。

 一応、国の施設ということでVisitorは入る時に身分証明書をチェックされます。バスやタクシーだとスルーですけどね。カフェテリアのところにVisitor Centerがあり、粒子加速器のノーベル賞受賞内容の説明、SLAC建設の時に出てきた古代の哺乳類の骨とかが展示されています。ノーベル賞は1976年、1990年、1995年の3回受賞しているようです。
 今年、日系研究者、南部・小林・益川3氏が素粒子理論でノーベル物理学賞を受賞して話題になりましたが、こうした素粒子物理学の巨大実験施設は、これまた最近話題になったジュネーブのCERN等を含め、世界に数箇所程度しかないそうです。Google Mapで衛星写真を見ると、長く伸びたギターのようにI-280を越えて実験施設が伸びているのがわかります。
 またノーベル賞がどのように選ばれるかの背景については、日経ビジネスのサイトでの伊東乾氏のコラムが参考になります。

 またSLACの敷地内にはStanford関係者向けの宿泊施設Guest Houseがあり、近隣のホテルよりは安く泊まれます。車がないとちょっと不便な場所ではありますが、無料バスがあるので学会とかで大学に通う場合には問題なさそう。施設も結構きれいな感じでした。
[MAP]
(Mura)
Slac1 Slac2 Slac3 Slac4 Slac5 Slac6 Guesthouse1 Guesthouse2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Papua New Guinea Scalpture Garden

 パプアニューギニアの彫刻が並べられた小さな公園がStanfordのキャンパス内にあります。ひっそりと木陰に並んでいるので、パッと側を通っただけではなかなか気づきにくいです。

 トーテムポールのようなものからワニ型のベンチのようなもの、パプア版考える人まで、いろいろな木の彫刻が置いてあります。多分研究対象としてレプリカを作ったものだと思います。
 知る人ぞ知るといった感じの公園です。
[MAP]
(Mura)
Papua1 Papua2 Papua3 Papua4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Mausoleum / Cactus Garden

 Palm Dr.の脇、ちょっと入った所にStanford家の霊廟(mausoleum)があります。近くにはStanford一家の銅像も。その少し北側にはAngel of Griefの彫像。オリジナルはローマのものだそうですが、世界にいくつかあるレプリカの一つです。

 霊廟の南側にはサボテンの庭があります。何やらいろんな種類のサボテンが。大学内にはヤシの木もたくさんありますが、カリフォルニアの気候はサボテンとかヤシの木にあっているのでしょうね。

 この辺りは喧騒から離れた感じのとても静かな場所です。
[MAP]
(Mura)
Mausoleum1 Mausoleum2 Angelofgrief Cactusgarden1 Cactusgarden2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ Hoover House

 アメリカ第31代大統領Herbert Hooverの家。Stanford大学の卒業生で、Hoover Towerの展示にあるように奥さんとは大学で知り合いました。その奥さんが中心となって建築家と一緒にこの家を設計したとのこと。その後、奥さんが亡くなってから大学に寄贈され、現在は学長の家となっています。実際人が住んでるのかどうかわかりませんが、迎賓館のような役割なのかもしれません。California Historical Landmarkにもなっています。

 小高い丘の上に建っていて見晴らしがよさそう。家の前の芝生の斜面も気持ちいい感じ。中の見学はできないっぽいです。
[MAP]
(Mura)
Hooverhouse1 Hooverhouse2 Hooverhouse3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 夜のスタンフォード大学キャンパス

 学会のバスツアーの後、大学についたら真っ暗でした。
 そんな中、Main Quadをちょっと覗いてみたら、Memorial Churchがライトアップされていました。なかなか神秘的な光景です。通い慣れたPackardも夜はまた違った雰囲気に。

 アメリカで夜の一人歩きはオススメできませんが、キャンパス内はまあ比較的安全でしょう。いつもと違った光景も面白いです。
(Mura)
Night1 Night2


| | コメント (0) | トラックバック (0)